HOMEリサイクル掲示板検索
SPAMが大量に届くようになりましたので、とりあえず別アドレルにしました。本掲示板の特徴)
○一度に最大4枚の画像をアップロードできます。
画像は指定のサイズに縮小表示します。
画像をクリックすれば実サイズで表示します。
アップロード可能な画像のファイル形式:JPG、GIF、PNG。
最大合計で400kBまで可能です。
○記事を修正可能です。
○レスをつけると先頭にUPしてきますが、修正はUPしません。
○内容欄に記載したURL(http://)は自動的にリンクされます。
○「名前」「題名」「内容」に禁止語が含まれていると投稿できません。
ただし現在は禁止用語はありません。
○英文スパム投稿防止の為、「名前」「題名」「内容」のいずれかに
ひらがな又は全角カタカナを1文字以上入れて下さい。
名前
題名

内容
画像1
画像2
画像3
画像4
修正キー (英数8文字以内)

 汎用スレッド2020年1月 パート3  /人'A`;人\  2020年1月15日(水) 4:07
修正
引き続きお気軽にご利用下さい(蹴

ヤフオクに人様がポストした商品説明画像を大量引用(惨殴)して,下記の三つをはじめいくつかの記事を大幅に改訂しました:
内蔵3.5インチFDD(2台目)増設用キット
 http://98epjunk.shakunage.net/fdd/2nd_fdd_set.html
PC-98/エプソン98互換機のHDD内蔵用金具
 http://98epjunk.shakunage.net/storage/hdd_kanagu.html
EPSON仕様のSIMMの判別法
 http://98epjunk.shakunage.net/memory/ep_simm.html
(・_・):286UのHDDマウンタとか一体どこに需要あんの
/人'A`;人\:需要とかどうでもいいんだよ(蹴

 ベゼルより大事かもなFDDフレーム固定金具  まりも  2020年1月18日(土) 18:15 修正
http://98epjunk.shakunage.net/fdd/2nd_fdd_set.html
ここに出てくるパーツのいくつかは離散状態にあったのですがこの正月にやっと集合したところです。2ドライブ用のベゼルは、後の機種のものほど貴重種扱いされているようです。まあ古い機種では元々2ドライブ機が多かったからでしょう。9821Ra、Xa/W系のPC-9821RA-FD1は単体ではまずオークションにも出てこない感じです。私もミイソ野で昔取り寄せた1個しか持っていません。PCMCIAカード用は複数あるのですけどね。

PC-9821B-E01は、手に入らなければパネルごとBX2/U2の物にしたほうが安くあがりそうです。しかしX-mateとB-fellow/mateとではパネル下部の凸凹形状が一致しないようですから、Bp/Bs/Be/Bfの場合だけですね。Xsで見る限りはフレーム固定金具なしでも下段のFDDはネジ止めできます。

問題が大きいのはXa7〜V20,Xc頃の380mm幅筐体機で、下段のFDDスロットにはFDDにあうネジ穴が存在せず、フロント側から押さえるフレーム固定金具が無いと全く固定できません。だからなのかPC-9821XA-E02完全品はお値段が高いようです。私はXa7を買った頃に下段側に開口部をあけてMO用に使っていましたが、固定できなくて困るためにPC-9821XA-E02を買って金具だけMO用にストッパ部を切り落として使っていたことがあります。FDD用に使いづらくなるので今思うとモッタイナイ話です。

CanbeのうちPC-9821CX-E02に関してはガイドレール挿入型のフレーム固定金具が付属しますし、構造的に必要不可欠なパーツです。いっぽうPC-9821CX2-E01の付属品はFDDの下側を支えて固定するものです。横幅的には大丈夫なのでしょうが無いとFDDをきちんと固定できず困ると思います。(画像2)

正規増設パーツでなく補修部品としてしか入手できなかったであろうFDD固定金具として、タワー機 Xt初代、St、Xt13(追記Xt16も)のがあります。うちのSt20は入手時からこれが無い状態です。フレームとFDDとの間のスキマを埋める金具になるのでCanbeのと同様必須部品です。型どりくんのようなものや粘土で採寸してL字金具を付ければなんとかなるでしょうが、いろいろ難物のSt20ごときにそこまでする気が起きません。

後期Xv13,20,Rvのタワー機のFDDプレートはその名の通りの補修部品です。これが無い本体を手に入れるとやはり苦労すると思います。しかしこれらタワー機の3.5インチ内部ベイ増設HDD用と同じ金具ですから純正増設HDD用パーツで見つかるかもしれません。

できょうやったのはXsの電源ユニットにペリフェラル4Pのケーブルを付けたことです(画像1)。マザーボードから出る逆定義な細い電源ケーブルじゃ不安なので増設しました。

   tsh  2020年1月19日(日) 5:28 修正
>タワー機 Xt初代、St、Xt13のFDD固定金具
Xt13とXt16も同じはずです。

漁ったら、復活させていない自サイトでXt13の金具に触れていた記録が出てきましたので
そこに載せていた写真を添付します。(当該ページの主題は、あの増設用HDD金具の代用品は?だったようですが)
#2000年代半ばには処分したはずなので、もう手元には無いです。

>後期Xv13,20,Rvのタワー機のFDDプレート
430VXでUSBオンボードなValueStar/Xcのタワー機もこのグループです。
青札タワーのFDD用だけが固定位置の違う専用金具である以外は、事実上の同一品のはずです。
最近のヤフオクでよくある、本体をバラして部品売りされている場合に、この板金が付いたFD1231Tが出ているままの状態のものもあるようです。
#当時から、HDD増設用に金具狙いで、動作不良の本体を買ってFDDのところの金具を引っぺがすなんかもまあある話だったとか・・・?

   /人'A`;人\  2020年1月19日(日) 20:52 修正
>9821Ra、Xa/W系のPC-9821RA-FD1は単体ではまずオークションにも出てこない感じです。
おちさつで遡って調べるとですな,aucfanに画像が残っている2011年以降で,全揃いは数回ってとこです(おちさつもaucfanも漏れが非常に多いですが,ちなみにaucfreeにも漏れがあります).ところがですな,これが増設された本体は意外に出るのです.やはり最終(付近の)高性能モデルだけあってオーナーの力の入れようも大きかったのでしょう.あとCs2/Ce2で2FDDになっているのがかなり多かったです.これもゲーマーに愛された機種だからでしょう.

CanBeだと増設キット単体・増設済み本体とも群を抜いて少ないのがCB2-E01(Cb2・3・10用)でした.単体出品が2つだけで,増設した本体の出品が確か3つだけでした.CX-E02(Cx用)とCX2-E01(Cx2・3・13用)もキット単体出品は随分少なかったです.またV-FD1とV-FD2もかなり少なく,特にV-FD1の単体出品は1個か2個でした.しかもいずれも商品画像が小さくかつ不鮮明(どういうわけか申し合わせでもしたかのように激しくブレて写っています)なため,これのパネル単体の画像の引用は断念しました(V-FD2のパネル単体画像は小さいものしかなかったため,これも単体画像の引用は断念.しかし奥まって取り付けられている画像がうまいこと見つかったんで,このパネルの場合には装着時画像の方がかえってわかりやすいでしょう).これら(Cxの場合はようわからんが)はDOSゲームにはあまり向かない機種なんでしょう.

>PC-9821CX2-E01の付属品
ヤフオクの画像(出品者ID basara_8823/オークションID j426782358/2017年3月26落札 の3枚目を色々加工して引用)だと,A・Bの二箇所の羽根部分で2台目FDDを固定するもののようにも見えますが,よく見ると羽根Aは2台目FDDの側面前方のネジ穴にネジ留めされていませんので,「FDDユニット部分全体」を本体フレームにネジ留めする部分なんでしょう.こんなものがあるせいでXA-E02タイプの金具にできなかったんでしょうか.

まぁ大抵の機種では本体フレーム前面のFDD用開口部の周囲のどこかにネジ穴が開いてるでしょうから,必要ならばそことFDD側面のネジ穴を繋ぐ金具なりプラスチック具(殴)なりを手元の具体的な機種に合わせて作りゃええちゅうことで(蹴

CX2-E01のこの金具は,薄手のアルミアングルを加工して作るのが一番簡単でしょうか.ダイソーの110円ハンドドリルでも少しずつ削っていけば穿孔も可能かと.ただこういう工作は,ある程度やり慣れていないと曲げる時に変なふうに曲げちまったりするかもしれまへん(汗)

 Ce2/S2はあまり売れなかったのかも  かかっくん  2020年1月19日(日) 21:21 修正
> おちさつで遡って調べるとですな,aucfanに画像が残っている2011年以降で,全揃いは数回ってとこです(おちさつもaucfanも漏れが非常に多いですが,ちなみにaucfreeにも漏れがあります).ところがですな,これが増設された本体は意外に出るのです.やはり最終(付近の)高性能モデルだけあってオーナーの力の入れようも大きかったのでしょう.あとCs2/Ce2で2FDDになっているのがかなり多かったです.これもゲーマーに愛された機種だからでしょう.

Ce2については逆にFDD1台+HDDのS2があまり売れなかったともとれますね。S1とS2D/T2Dは2台でした。
# Cs2にはTVモデルは有ったんでしょうかね?
Ce2/S1はロットによっては2台目の金具に増設用向けのステッカーが貼ってあった物も見かけました

> (・_・):286UのHDDマウンタとか一体どこに需要あんの

同じ3.5インチV30機のUVより優れている点ですか(繰り返しですが後付けは286機のUXから。V30機は
5インチのVM11から)

 亀レスとか。  KAZZEZ  2020年1月19日(日) 23:27 修正
> 98版の窓9xはみいそ版・えぷ版・M$版が有りますが、98へのプリインストール版ってみいそ版に準じているん
ですかねぇ?

みいそ版・M$版の区別は3.1までだったと思いますので、
95のプリインストール版は普通にM$由来のOSR1/OSR2じゃないですかね?

ちなみに窓3.1はみいそ製品版とプリインストール版も区別されていたようで
ファイルの格納されているFD番号の構成が異なっているのですが、
なぜかCe/S2付属CDのものはプリインストール版ではなく製品版の構成でした。

> (・_・): 無駄に互換性の無いバージョンたくさん増やしおってからに…。(蹴
自己レスですが、これは洒落になっていませんでした。(汗
異なるバージョンを検出した際に上書きで再常駐するルーチンにバグがあって
アンロードしないでバージョンが異なるものを使うとハングアップという。(殴
(・_・#): TABコードの件といい、バグだらけやったんか!
というわけで先週はその修正に追われていました…。orz

> Cs2にはTVモデルは有ったんでしょうかね?
無かったように思います。

> BIOSセクタサイズ256Bだと、「Win9xのFDISK+FORMAT」では65-128MBの領域が期待通りにはフォーマットできないようです。使える容量が半減になります

やはりそうでしたか。95ではDOS段階からしてSASI/ESDIのHDDは使えないみたいですよね。
昔、H98でESDIの100MBのHDDを95で無理矢理フォーマットしてみたらそんな感じだったと思います。
95では512B/1024B以外のセクタサイズは対象外とか言われてフォーマットできないので
# chkdskでは件のHDDが2048Bと表示されていたような記憶が。
たぶんDOSで確保した領域をFORMATか何かしたんだと思いますが、詳しくは覚えていません。
半分の容量でフォーマットできても使っているうちにどこかで不具合が出たような気がします。
結局まともに使えそうもなかったので諦めました。

 窓95のHDD要件は何M以上?  かかっくん  2020年1月20日(月) 1:38 修正
> みいそ版・M$版の区別は3.1までだったと思いますので、
> 95のプリインストール版は普通にM$由来のOSR1/OSR2じゃないですかね?

パッケージはM$版とみいそ版が有った気がしますが、市販のはM$版だけでしたっけ?
ちなみにプリインストール版にはOSR1(95a)でない950もあります。Xa/Kに憑いていたのは(C)95の950、Xa/Wのは
(C)96のOSR1ですた

ところで窓95のHDD要件て何M以上でしたっけ?SCSIかIDEが必須要件になりそうですが、SCSIから起動して
SASIを使う用途もありそうなので。逆にSASIを512設定で使えましたっけ?サードパーティのI/Fなら使えるかな?

 95の要件とか。  KAZZEZ  2020年1月20日(月) 3:18 修正
> 窓95のHDD要件
少なくとも日本語版というかPC-98では、圧縮ドライブの場合40MB、そうでない場合は80MBと記憶しています。
40MBのHDDで95というのも面白そうですが、個人的にディスク圧縮はあまり使ったことがないので試していません。

普通にインストールした場合はインストール直後に60MBくらいしかファイルがありませんでしたが、
使っているうちにゴミファイルが増えるのか、すぐに80MBとか100MBに達してしまいます。
…ので、個人的な経験では実用上は100〜120MBは必要でした。
窓3.1でしたら余計なファイル削りまくって1.6MBくらいまで減らしたこともあったんですが。(ぉ

なおメモリについては7.6MBで、実際に私の試したときも5.6MBではインストール(起動?)できませんでしたのでメモリの制限は厳しそうです。
ただエマティさんの報告では5.6MBでも起動できたそうですので、
もしかしたらPCIチップセット機か否かでメモリの使用量が結構違うのかもしれませんが、詳しいことは存じません。
(・_・): だれも聞いとらんがな。

そういえばCPUもM$は386以上と言っていますが
みいその場合は486以上と言われていましたっけ。
まあ386SXでも普通に動くみたいでしたが。

ところで256BセクタのHDDが95で使えないということはNTでも使えないんでしょうかね?
NT3.51のHCLを見ると使えているHDDなら使用できるみたいなことが書いてあるんですが…。
# むろん55ボードに接続されたSCSI-HDDは起動ドライブにできないって制限はありますが。
NTの場合はHDD要件が120MBくらいあったはずなのでSASIはおろかESDIの100MBでも足りず、
別途起動ドライブを用意するのが面倒なので試していません…。

   tsh  2020年1月20日(月) 4:09 修正
>98版の窓9xはみいそ版・えぷ版・M$版が有りますが、98へのプリインストール版ってみいそ版に準じているんですかねぇ?

プリインストール版は、95無印・95a(OSR1)・95B(OSR2)以降とあるようではあります。
特にOSR2以降に存在するUSB対応版は、430VXなV166/V200系列に必須ですし。

親が新品で買った V10/S7K の付属の場合は、95無印でWIN95フォルダのみという必要最低限のみの使用でしたが
コンパニオンディスクではないので、普通にSETUP.EXEを叩いてインストールできました。

ここらへんがモデル差?時期の差?でいまいち分かっていないのですが
コンパニオンディスクになって専用のリカバリーセットでないとOSを入れなおせなくなったものと
先のV10/S7K付属のディスクのように単独でもインストール可能なものとが
混じっているんですよね。

15年以上前ですが、どこからか98版の95B(OSR2)のコンパニオンディスクではないOEM版のディスクを手に入れたので
ものは試しにとインストールしたことはあったので覚えています。
#このディスクのインストーラーの挙動にやや癖があった記憶はありますが、ディスクが無くて詳細は確認できないです。
#確か、すでに95無印が入っているマシンの別パーティションに入れようとしたら、すでに95が入っているからという理由でインストールできない、というものだったはずです。
#先に95Bを入れて、後から95無印であればそんなこともなかったはずです。(比較用に実際にやったのは確かなのですが)

市販のパッケージ版は、95無印(95aも?)だけだったはずです。

>なおメモリについては
SETUP.EXEのオプションで /nm を付けるとインストールできると聞いた記憶があります。
付けないと8MB(7.6MB)以上あるかどうかのチェックがされたはずです。
#CPUとメモリのチェックを行わせないためのオプションらしいですね。

 インストール元に難儀しそう  かかっくん  2020年1月20日(月) 5:28 修正
SASI 40Mx2の2台目をPROGRA~1(Program Files)にJOINするとSASIで80Mになりますが、動きますかねぇ?
手元にPC-9801RA-35(SASI 40M)が有るのでD3142(H)か他社互換品か98H53(変換基板を外す)/54が手に
入ったら試してみようとは思いますが。
インストール元は今更FDもナンなのでRDiskですかねぇ?RA-35の機種ならほぼBIONECですが、RLだけは5.1で
ハイレゾのドライバが使えますが(抑抑ハイレゾのプリンタポートはノーマルでは使えなかったし窓95のインスコは
RLハイレゾではできなかったやうな?)やっぱりBIONECかな?相手も98なら25pでも9pでも8M(BIONECなら
5/10Mと8Mに壁が無い)でも問題ないですがPCを使うと近年の機種はRI(CI)を検知しないので機種を選ぶん
ですよねぇ...
円盤からのインスコだとリセット後のインスコ続行時にも円盤が要りましたっけ?

   /人'A`;人\  2020年1月20日(月) 5:53 修正
無論FDDが1台のCe2/Cs2の方が数としてはずっと多かったですよ.Ce2/Cs2が意外なほど多く出品されていて,2FDDの奴もその絶対数がかなり多かったという意味です.私もっぱら増設FDDキットに関する画像狙いでサーチしてたもんで,1FDD状態の奴には注意してこんかったのです(汗

--------------------------------------
>PC-9821CX-E02に関してはガイドレール挿入型のフレーム固定金具が付属しますし、
>構造的に必要不可欠なパーツです。
画像(注)は同じOSDE-15G-Uを内蔵しているPC-9821C2-E01(Ce2/Cs2用)の金具ですが,これとは異なるものでしょうか.
 注)左:出品者ID mazdarx7rotary2000/オークションID l329690934/2015年12月15日落札,右:出品者ID hamayokotobe/オークションID w101063487/2014年4月16日落札 のヤフオク商品説明画像を若干加工してそれぞれ引用.

 ほんとわからんCe2/Cs2とCxの差  まりも  2020年1月20日(月) 19:07 修正
>そこに載せていた写真を添付します
画像有り難うございました。初代タワー機群はなかなかオークションでも見かけないし、Stに至っては持っている知り合いもいなかったので、内部のパーツの様子はわかりませんでした。FDD固定金具の横幅は5インチベイ内法より狭くて、それで代用できないのですが、画像のように途中で横幅が変わる板だとは・・・しかも垂直方向にもフラットで無く段差があるのですか。複製/代用しにくいにもほどがありますね(笑 これだと本当に型どりで攻めるしかないという気がします。

>430VXでUSBオンボードなValueStar/Xcのタワー機も
そうでしたね。隠し3.5インチベイの所と同じです。初代タワー機筐体では強度重視で5インチ未満なベイを付けてしまったんでしょうかね。

>PC-9821C2-E01(Ce2/Cs2用)の金具ですが,これとは異なるものでしょうか
Ce2/Cs2とCxとは、形状的にそっくりなのにパーツ型番がことごとく別となっているようです。HDDのガワなんかも同じにしかみえませんけどねぇ。メモリもしかりです。
メルコのESE*Mなんていうのがありますが、Cxは後から追加のようです。
http://buffalo.jp/products/new/95038.html
しかしミイソの純正品では、同じ物は以前の型番引き継ぎが普通です。32MBのSIMMなどはBf本体型番やSV-98型番を引きずったりしていましたよね。違う以上はなにか違うのでは?と思います。
(・_・):CfもCxそっくりやけど増設FDDパーツ型番該当なしで増設できひんことになってるで
(^_^):持っている人が答えてくれるでしょう

さて台風被害片付けのときに箱詰めになってしまったMS-DOS 5.00Aマニュアル本を出してきました。フォーマットのパラメータについて詳しく書いてあります。拡張フォーマットに関して抜粋して画像であげておきます。40MB以下についてはSASI,IDE,SCSIともフロッピー並にがっちり固定でないといけない感じですね。少々違うパラメータでもMS-DOS 5.00以上では柔軟に認識しますがMS-DOS 3.3以下で認識できなくなるかも知れず、フォーマッタはこれを遵守しないといけないような。

それと129MB以上は、DOS論理セクタ長とBIOSセクタ長は等しい扱いだと読めます。256バイトのBIOSセクタ2個を束ねて512バイトの論理セクタを作っているのではなかったんですね。光ディスクに至っては1024バイトの物もあることになっています(実際5インチMOで使ったことがあります)。固定値で規定されているのはクラスタのバイトサイズだけです。前スレで書いたBIOSセクタ長256B時のFDISK+FORMATの容量半減問題はここの扱いを無視したためなのかなと思います。なおディレクトリエントリ個数は3072で一定していますが、これは固定値でなくともDOS 5〜7.10でちゃんと認識でき、FDISK+FORMATだと512個にされます。MS-DOS 3.xはどっちみち対象外の容量なので、パラメータはある程度柔軟に決められます(クラスタ数が 4086〜65526くらいに入ることだけがたぶん制約)。

 機種専用品はたまに対象機種名が変わる  かかっくん  2020年1月20日(月) 23:14 修正
> しかしミイソの純正品では、同じ物は以前の型番引き継ぎが普通です。32MBのSIMMなどはBf本体型番やSV-98型番を引きずったりしていましたよね。違う以上はなにか違うのでは?と思います。

機種専用品の場合、たまに末尾に英字が憑く代わりに対象機種名の方が変わる場合が有りますね
例えばRA21/51/RS/RL/D*用SCSI HDD(100M D3861)は当初PC-98RL-37でしたがPC-9801DA-37になりました。
# PC-9801RA-37は121wareには出ませんが中古屋では扱いが有るやうです
121wareによるとフォーマットが全然違うやうです
RL-37 121ware.com/support/product/data/spec/out/o137-1.html
---
価格  :400000
出荷日 :89/06
トラック数 :6.405トラック
セクタ数 :64セクタ/トラック(256バイト/セクタ)
---

DA-37 121ware.com/support/product/data/spec/out/o065-1.html
---
価格  :250000
出荷日 :91/05
トラック数 :12.300トラック
セクタ数 :33セクタ/トラック(256バイト/セクタ)
---

 えぷDOSはもっとフォーマットに柔軟?  かかっくん  2020年1月20日(月) 23:32 修正
> さて台風被害片付けのときに箱詰めになってしまったMS-DOS 5.00Aマニュアル本を出してきました。フォーマットのパラメータについて詳しく書いてあります。拡張フォーマットに関して抜粋して画像であげておきます。40MB以下についてはSASI,IDE,SCSIともフロッピー並にがっちり固定でないといけない感じですね。少々違うパラメータでもMS-DOS 5.00以上では柔軟に認識しますがMS-DOS 3.3以下で認識できなくなるかも知れず、フォーマッタはこれを遵守しないといけないような。

えぷDOSでは、ボーダーの範囲ではフォーマットを選べるので、厳密に遵守というワケでも無さそうですが、
飽く迄も選べるのはFAT12(DOS2)かFAT16(DOS3)か、16bitセクタ(DOS3)か32bitセクタ(DOS4)かなので
規則や法則には則っていると思われます
# えぷDOS3.xを持っていないのでこの辺の検証はできません。Y!にはすごい価格のが出ていますが
page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c782578345
# を、める狩りにえぷDOS4が有る
item.mercari.com/jp/m54416950118/
SASIや標準フォーマットに対してFAT16にしたりするとどうなるか?とか気になります。

 HDDとか。  KAZZEZ  2020年1月21日(火) 0:23 修正
> SASI 40Mx2の2台目をPROGRA~1(Program Files)にJOINするとSASIで80Mになりますが、動きますかねぇ?
RA-35って512バイトセクタで使えましたっけ?
この手のSASI-HDDは256バイト固定じゃないかという気がしますので、
個人的に95(DOSモード含む)での認識は無理じゃないかと思います。
昔、RAかRXの内蔵SASI-HDDを95の起動DISKで無理矢理フォーマットしようとして
やはりうまくいかなくて諦めたような気がします。

95を試せるとすれはFA/FS/FXの頃の40MBのSCSI-HDD(+ドライブスペース)でしょうかね。
# 俗に悲しみの40MBとか言われているらしいですが…。

> フォーマットが全然違うやうです
37というとSCSIの100MBクラスでしたっけ。55相当のインターフェースなので
55方式(mode senseコマンドでしたっけ)でパラメータを得ているのでしょうから
パラメータが違うということは使われているHDDが違うということでしょうか。

> 指定容量MB 65〜128
> 論理セクタ長 2048B
なるほどやはり100MBだから2048Bであっていたんですね。
ESDIの100MBはHDD番号が#3として認識されることもあって
知らずに使った当初はいろいろ焦りました…。

   /人'A`;人\  2020年1月21日(火) 4:33 修正
どうもありがとうございます.やはり本体に組み込まれた状態の画像だけからではわからんもんですねぇ・・・
で,よく見るとこれ上げ底になってんですねぇ・・・実に腹立たしいですな.
FA・DA・BX/BAの内蔵RAMベースボードも,サードパーティ製品含め型番が違ってましたね.

>CfもCxそっくりやけど増設FDDパーツ型番該当なしで増設できひんことになってる
P5様の冷却ファンの位置が高すぎて2台目のFDDが入るスペースがないのだそうです.恐らくDS1信号も出力されていないのであろうと睨んでいます.

 汎用スレッド2020年1月 パート2  /人'A`;人\  2020年1月7日(火) 20:34
修正
引き続きお気軽にご利用下さい(蹴

 固定ディスク起動メニューに難癖つける  まりも  2020年1月11日(土) 0:02 修正
twitter的に些細なことをつぶやいてみますが、、、
ミイソの固定ディスク起動メニューで、SCSI ID=0のディスクが「SCSI固定ディスク#1」ってのは変だとずっと思っていました。みなさんは、IDの値と#番号が一致しないっていうのは気にならないですかね? 
(・_・):慣れの問題ちゃうか?

>VGA(RGB)→DVI-D(no HDCP) 
これは私も探していたりします。センチュリーの10インチ、あれは画面的には良かったんですが、いかんせんPCの起動プロセスの監視には使えなさすぎなんですよね。RATOCの少々お高いVGA2DVIは98で使えるかどうか情報が全くありませんがどうなんでしょうね。

 それは1台目  かかっくん  2020年1月11日(土) 0:06 修正
其れはIDではなく飽く迄も『1台目』と云う意味だからでせう
SASI HDDの1台目(98H31/33/51/53等)をSCSI I/Fに接続するとID=0になりますし。

 FDDも#1,2か#0、1か  まりも  2020年1月11日(土) 0:11 修正
8ビット機時代のFDDなんかでも1,2というのと0,1という表記のがあります。富士通は0,1派でした。ミイソは1,2派ってことなんでしょうが、順序数はゼロからのほうがなにかと都合がいいと思うんですよね。
ということで「ゼロからがいい」という諸兄はこれでもお試しください。
http://hp.vector.co.jp/authors/VA012947/hduty/hdmenu_patch.html

 みいそにも0/1のシリーズも有る  かかっくん  2020年1月11日(土) 0:19 修正
みいそでもN52等オフコン系のFDDは0/1になっていますね。PTOSでは0/1のが都合が良いのかも知れません。
何の道DOSなら無関係ですし
# DOSにも0でカレント、1でA:、2でB:...を指定するファンクションが有ったやうな?

 256B/sでも標準フォーマット対応しない機種?( 謎  まりも  2020年1月11日(土) 14:13 修正
容量20MB,256B/sectにすることで、9821Aeでは標準フォーマットが可能でしたが、Xsだと標準フォーマットしたかにみえて正しくフォーマットされないようです。MS-DOS 5.00 FORMAT 5.70を使っていますが、IPLコードからしてXsのときはでたらめなもの(そのときのメモリ上のゴミ)が書かれます。セクタ2からのVOL1というマークは書かれるんですが、どうもセクタ0,1および4以降が不正な内容になります。このためXsだとDOS5起動後に標準フォーマット領域の認識ができません。とうぜん起動もできません。
FORMATの実行結果がおかしいということですが、完全に機種依存な問題なので、おそらくBIOSコールの結果の違いに関わる事だと思います。AH=04,int 1Bh関連ですかねぇ。それとも使用するDOSのFORMATが 2.xxや3.3xなら機種間の差がないのでしょうか。BASICからのFORMATならXsでもいけるんでしょうか。実機で標準フォーマットを極めるのは、用意すべきモノ(古いOS、機材)が多くなってかなり大変だという気がしてきました。
<12日追記>
ええと、うっかりMS-DOS 6.20でFORMATしたのが原因だったようです(殴 しかも一度標準フォーマットされているとDOS 5.00のFORMATでも再確保ではIPL部はそのままのようです。しかしAeでは「一応」6.20でもフォーマットできていたんですよね。FAT直前のセクタの内容もAeの時とXsとで異なります(E5hで埋まっていない)。FORMATが勘違いする何かが機種依存かも?という疑問は残っています。

>オフコン系のFDDは0/1 
部署部門で一貫性が無いのもミイソらしいです。富士通はFM16βの頃まではF-BASICを推していたためか、端末エミュレータの仕様だったのかで0,1を使っていて、FMR70の頃までFDDに0、1と書いてあったかと思います。

 いろいろ。  KAZZEZ  2020年1月11日(土) 17:14 修正
Bfでは32MBのメモリースティックをIDE変換して試した限り、(←20MBとして認識)
DOS5のFORMAT(ver5.70)で256Bの標準フォーマットして起動までうまくいきました。
# 他の手持ちの近い時期のNEC機は故障中が多く、BX3は動くと思うけど仕舞い込んでいて未検証。
XsというとBfと同じように仮想FDDが使える時代の機種で本体付属のDOSは5.0A-Hでしたから、
5.0系のFORMATで使えないというのはたしかに妙な仕様ですね。

> (・_・):分解しやすさをとったんやろ
前にも言いましたが最近のD画ではエッジ処理が省略されているみたいで危険ですからご注意を。
天板を軽く持ち上げただけで皮膚がサックリ切れていました。ナイフより鋭いようです。(汗

> DOSファンクション
といえば、全く関係無いのですが(ぉぃ)、普通のDOSではAH=02hで09(TAB)を出力したとき
リダイレクトでファイル保存するとなぜかデータサイズの計算が合わなくなるので
調べたところTABコードじゃなくてスペース(20h)が複数回出力されるんですね。
どういう仕様なんでしょう・・・。(汗
(-_-;): ちうわけで某自作ツールにそれ絡みのバグ発覚…。
(・_・): 不精せんでAH=40hで出力したらええがな。

 HDFORMAT.EXEにも難癖をつける  まりも  2020年1月11日(土) 23:32 修正
Bfでは問題なかったのですか。試しにDOS 6.20でやってみるとどうでしょうね?(上の修正追記の通りで)何にしてもAeと、Bf,Xs とで違う点はあるようです。

で、固定ディスク起動メニューだけじゃなくFORMAT.EXEとHDFORMAT.EXEも気に入らないのでずっと直して使っていたんですが、せっかく作ったのに25年そのままだったので今更ながら公開します。
http://hp.vector.co.jp/authors/VA012947/hduty/modhdfmt.html
もともとはザ・ベに載っていた、DOS 3.30の頃のFORMAT.EXE(4.xx?)のパッチあて記事を参考にしたものです。

>どういう仕様なんでしょう・
それが「コンソール」出力なんだと思います。書き出される文字を1バイトずつ解釈し画面出力にふさわしいものにするというわけです。それが困るのでDOS function 40hのほうを割と多用しています。

 DBLTRANS  リウ  2020年1月12日(日) 9:14 修正
だらだらDOS6.2のマニュアルを眺めていたらこのようなDOS外部コマンドが存在していました。

説明を読むとModify HDFORMATの行うことと同等のことができるように読めるのですがDoubleSpaceを利用するために使えという文言しかありません。
メリットがこんなにもあるのならマニュアルにも書いてくれれば…なんて思いました。

久しぶりの投稿で一度ミスしてしまいまして書き直しました。

追記
Modify HDFORMATの説明文章はとても勉強になりました。そのおかげでたまたま読んでいたマニュアルでDBLTRANSがおなじことをしていそうだと気づけました。
サイトの容量との戦いですが技術文章はできるだけ残してほしいです。InternetArchiveもありますが

再再再修正
DOS6での標準フォーマットのエラー原因が判明しました。
8個のクラスタ64kbの無意味なFATエントリが作られるわけですがそれはDBLSPACE.BINのためのもののようでした。
format.exeでシステム転送をしないにするとそのコピー作業が行われずに正常に初期化ができます。システム転送自体はリセット後にsys.comを使うと正常に行えます。
またシステム転送元にDBLSPACE.BINを準備しておくとこのファイルも正常にコピーされ無駄なFATエントリが作成されませんでした。
CHKDSKがエラーをはかなくなりました。

DOS論理セクタ0番地がe5hで埋められない状況はうちではうまく再現できません。

 DBLTRANSという名前に難癖つける  まりも  2020年1月12日(日) 12:09 修正
DBLTRANS、そいやすっかり忘れておりました(汗 パソ通時代に、「Win95に移行するならこれ使うべきだよ」と書いたような気がします。DBLTRANSは、実行画面が青バックという 外見からしても、ミイソ製ではなくマイクロソフト製なんですよね。
>DoubleSpaceを利用するために使え
それを一般化して、PC/AT由来の(Microsoftの)ディスクツールを使う場合全般と解釈してよいと思います。PC/ATのハードドライブでは物理セクタ長もDOS論理セクタ長も512バイト固定でしたので、2048などというのは受け付けないでしょう。Conv98ATなどで変換する際もこの容量帯では事前にDBLTRANSが必要かもしれません。それにしてもDoubleSpaceと紛らわしい名称は理解されにくいような気がします。なにをダブルにするんだかわからないですよね。

DBLTRANSは、65-128MBの領域のBPBに書かれている次の情報を修正(変更)するものだろうと思います。 
・DOS論理セクタ長         512<--2048
・1クラスタあたりDOS論理セクタ数 8 <--2
クラスタサイズは4096で変化なしなので、BPBの諸パラメータのうちクラスタ単位のものはこれで解決できます。問題は
・予約セクタ数
・FATのセクタ数
・ディレクトリ数(からくるdirエントリ占有セクタ数)
ですが、2048-->512であれば全て値を4倍するだけで解決できます。ということでデータの移動無しに一瞬で行われます。なお「hiddenセクタ数」というのもありますがBIOSセクタサイズ基準のようなので変換不要です。ディレクトリ数も実質変換不要です。

そうしてみるとModify HDFORMATなんて要らんわなという話しになりますね(大汗、、、
むしろ必要性があるのは DBLTRANSを適用済みの領域を元の2048バイト/セクタに戻すツールのほうかもしれません。突然DOS 3.3xで読み書きしたくなることもあるでしょうから。逆変換は上記の逆をやればよく、セクタ数関連の情報が4の倍数になっていれば端数が出ないので逆変換は成功しますよね。
(・_・): 逆変換機能があらへんことにまで難癖つけとるやないか
(^_^): DBLTRANS /r って一度はやってみますよね?

 自作のモノにも難癖をつける  まりも  2020年1月12日(日) 15:49 修正
>Conv98ATなどで変換する際もこの容量帯では事前にDBLTRANSが必要かもしれません
ということでやってみたところ、そもそも2048バイト長セクタの領域はATへの変換の対象外になっていました(汗  パーティションテーブルにあるファイルシステム・OSを示すID値が91hなんですね。いっぽう 画像例の先頭の領域はDBLTRANSを適用済みで、ATへの変換が行えます。普通のFAT16であるA1hにファイルシステムIDを変換するという仕事も、DBLTRANSでは行うようです。こうした情報はConv98ATの説明書に書いておくか、Conv98AT内でDBLTRANS相当の全処理を引き受けるかしないといけませんね。
<18時追記>無理矢理Conv98ATで変換できるようにしてみましたが、DOS/V側では無効なメディアのドライブと言われます。やはり2048バイト長のセクタはAT用のOSでは認識できないようです。Conv98ATで変換対象外にしておいたこと自体は正解でした。

ちなみにDBLTRANSというDOS付属プログラムは、(自分でも忘れていたが)よほど知られていないのか、ggr検索しても情報がほとんどありません。あっても単にDOS 6.20のファイル内容を紹介しているだけの情報です。まずはDBLTRANSしておけという再度の周知徹底は必要かも。

 RGBを外部同期で映す  かかっくん  2020年1月13日(月) 11:50 修正
> これは私も探していたりします。センチュリーの10インチ、あれは画面的には良かったんですが、いかんせんPCの起動プロセスの監視には使えなさすぎなんですよね。RATOCの少々お高いVGA2DVIは98で使えるかどうか情報が全くありませんがどうなんでしょうね。

DVI入力で映るのはfVが60Hzの場合だけの場合が多い(DDCのEDIDでGAに対応状況を送れる)ので、PCのPOST
画面でも720x400/70ではないかも知れません。98の400ラインは24.8k/56か31.5k/70でしか出せないので
此の方法ではダメかも知れません。
ITFをいじって480ラインにすれば映るかも知れません。

ではRGB入力で映す方法を考えませう。外部同期とか如何ですか?
映らなくなる原因は同期信号が切れる事に有りますから、切れない同期信号に映像信号とは別物を使います。
fHの周期が映像とズレが有る場合縦線が斜めになったりします。ズレが大きいと表示が崩れます。
fVの周期がズレている場合は上下に流れます。
fH/fVとも周期が映像と同じでタイミングがズレていると表示は止まりますが位置がズレます。
というワケでリセット前に自前の同期に切り替えて(此の際に表示が消える)、起動して表示が安定した時点で
RGB入力の同期に切り替えます(また消える)。
fH/fVともVRでタイミング(表示位置)と周期を調整できるやうにしますから、相互の相関は気にしなくても良いでせう
周期は兎も角タイミングはその度に調整の必要が有ります

 MS-DOS 3.30Aに難癖(もうええ  まりも  2020年1月13日(月) 17:42 修正
>リセット前に自前の同期に切り替えて(此の際に表示が消える)、起動して表示が安定した時点で
同期信号が一瞬欠けるというか、いくらなめらかに切り替えても、位相が切り替え後ズレるわけですが、それは大丈夫なんでしょうか。まあ「モノによる」ところなので実験するしかなさそうですが。ズレの幅の程度にも依存するかもしれませんので再現性が難しいところはあります。

ところでDOS3.3とDOS5以降との互換性のことを考えていてふと疑問を見つけました。DOS 3.3では 64MBまでのフォーマットでは
■セクタ長1KB、セクタ2個でクラスタ=2KB、 FATのMAX=65536KB/2KB= 32768(計算上最大)
となるんですが、クラスタサイズを小さくして
■セクタ長1KB、セクタ1個でクラスタ=1KB、 FATのMAX=65536(計算上最大)×1KB=64MiB
でいけたはずなんですよね。つまりDOS 3.3は真に「FAT16」は扱えず、「FAT15」なのではないかというわけです。クラスタ個数最大が32768だというわけです(予約値を差し引くので実際はこれよりわずかに小さい)
そこで手作業でBPBやFATをいじってフォーマットして、そのようにしてみたところ、DOS 5,6ではなんの問題も無く認識できましたが、DOS 3.3Aではドライブレター出現だけで中身の認識ができませんでした。どうもDOS 3.30Aは内部的にFATの上限が15bitという制約(問題)もあったようです。3.3C〜Dを持っていないのですがこれらもFAT15bit制限があるんでしょうかね。

<追記>やはり3.30Aでは古すぎて3.xxの仕様テストにはよくありません(汗。3.3のFORMAT.EXEも無いんですよね。 Win98のFISK + FORMATで作られる64MB領域でもクラスタ個数<32768になるので、状況証拠的には互換性目的でそうなのでしょう。拙作FORMATXはそんな所までは意識していませんでしたから、128MB以下のFAT16のフォーマットには使わない方がいいでしょう。

 理由は違えど結果は其の通り  かかっくん  2020年1月13日(月) 19:35 修正
>>リセット前に自前の同期に切り替えて(此の際に表示が消える)、起動して表示が安定した時点で
> 同期信号が一瞬欠けるというか、いくらなめらかに切り替えても、位相が切り替え後ズレるわけですが、それは大丈夫なんでしょうか。まあ「モノによる」ところなので実験するしかなさそうですが。ズレの幅の程度にも依存するかもしれませんので再現性が難しいところはあります。

切り替える際に数秒間消えますし、位相のズレは1ライン又は1フレームでリセットされるでせう
外部信号でトリガできる発振回路なら切り替え自体不要かも知れません。

> ■セクタ長1KB、セクタ2個でクラスタ=2KB、 FATのMAX=65536KB/2KB= 32768(計算上最大)
> となるんですが、クラスタサイズを小さくして
> ■セクタ長1KB、セクタ1個でクラスタ=1KB、 FATのMAX=65536(計算上最大)×1KB=64MiB
> でいけたはずなんですよね。つまりDOS 3.3は真に「FAT16」は扱えず、「FAT15」なのではないかというわけです。クラスタ個数最大が32768だというわけです(予約値を差し引くので実際はこれよりわずかに小さい)

DOS3には仕様にFATサイズが各65536バイト以内と云う制限が有ります。FAT16は1エントリ2バイトですから、
↑の通り32768近く迄になります。65536(近く)エントリにするにはFATサイズが128KiBになります。
# FAT12では1.5バイトx4096エントリ=6144バイトだったのを考えると余りFATサイズを大きくすると
# ワークエリアが肥大化するだけですし(DOS4は其の点で叩かれたから(?)みいそは採用しなかった)
以前話に出た生態学2はえぷDOS4対応のはずですが、なぜか此の制限に引っかかるんですよねぇ

 DOS3のFAT  まりも  2020年1月13日(月) 21:06 修正
なんと、FAT全体のサイズの64KBの制約があったのですか。そうするとDOS3の時代はFAT全域をオンメモリで扱っていたんでしょうかね。細かくバッファリングするぶんには64KBの制約は要らなくなります。DOS5の方がファイルアクセスは遅くなっていた可能性がありますが、時代とともにHDDが高速化したこともあってか、意識したことはありませんでした。

 DOS2.11と2.25、3.3xと3.21  かかっくん  2020年1月14日(火) 0:16 修正
みいそDOS2.11には2.11と2.25が有り(えぷDOS2.11は2.25らしい)、みいそDOS3.3xは3.21がベースに
なっています(PC DOS3.3xではINT24hプロンプトがA/R/IではなくA/R(/I)/Fになっている。I:無視とF:失敗は成功
フラグでIRETするか失敗フラグでのIRETかの違いで全然違う)。

レイの検証を32Mパーティションで、512バイト/セクタで試してみて下さい。此れで動けば64K制限が覆されます

ところで↑の制約はPC系の3.31でクリアしています。32bitセクタにも対応したので此れにも対応して当然ですが、
肝心のFATは7.0まで16bitのままですた。まぁFAT32もファイルサイズは約4GiB、クラスタサイズは32K/64Kの
ままで、DOS7.1の実装はFAT28の疑惑が有りましたが。
まぁFAT32の512バイト/クラスタで2TをとりようものならFATサイズだけで4バイトx4Gエントリで16GiBになってしまい
実用的ではなさそうですが。

 セクタ長256B(この存在に非常に難癖つけたい)  まりも  2020年1月14日(火) 13:09 修正
>検証を32Mパーティションで、512バイト/セクタで試してみて下さい。
これをやろうと思ったところなのですが、MS-DOS 3.3xの各リビジョンどころかC,Dを持っていないため何もできそうにありません。探したところ8インチFDにはありましたがドライブがもうありません。

ところでDBLTRANSは BIOSセクタサイズ256Bの時の65〜128容量帯の領域は対象外となるようです。BIOSセクタサイズ256はPC/ATではありえないから仕方ないわけですが、256を512に読み替えるパラメータ変換で無理が生じる所はあるんでしょうかねぇ?。個数が半減となるので奇数でなければ大丈夫ではあります。BPBの諸パラメータのうちこれに引っかかるのはhiddenセクタとtotalセクタかと思います。前者が奇数のときはダメだというのはわかりますが、普通に領域確保すればBIOSヘッド数4や8が入るので偶数は保証されているはずです。
(・_・): そやけどDBLTRANSはあくまでもdouble spaceを動かすのが目的やっちゅうに
ついでながら、IDEプライマリ/セカンダリの2台搭載可能機でセクタ長を256Bに設定できるのは、1台目だけだったんですね。2台目は256になりません。これなんかも知ったのはつい最近です。

そのほかBIOSセクタサイズ256Bだと、「Win9xのFDISK+FORMAT」では65-128MBの領域が期待通りにはフォーマットできないようです。使える容量が半減になります(画像)。Win9xのFORMAT結果では、DOS論理セクタ=BIOSセクタで1セクタ256Bとして扱っているようですが、半分になる理由がよくわかりません。128MBのうちの64MBまでしか使えないことにはなりますがファイルシステム的には一応正常なようです。<追記>256MBの領域でも半減になっていました。

というようにミイソ&マイクロソフト的にも256B/sは一貫性の無い扱いをされていますが、今更ながら気がついたのは、BPBのパラメータでいう所の××セクタ数と言っているものが、BIOSセクタの単位なのかDOS論理セクタの単位なのかはっきりしない点があることですね。ファイルシステムの外側になるhiddenセクタとかtotalセクタがそうです。物理/BIOSセクタ長が可変な98はマイクロソフトも想定していないようです。

 33セクタ/トラックは問題にならない?  かかっくん  2020年1月15日(水) 1:04 修正
256設定では33セクタ/トラックになりますが、此れは問題になりませんか?
DBLTRANSの問題と云うよりDBLSPACEの問題の気もします。DBLTRANS不要な様に256設定で512フォー
マットして、直接DBLSPACEするとどうなるでしょうね?此の条件での窓9xのDRVSPACEの挙動も興味深いです。

98版の窓9xはみいそ版・えぷ版・M$版が有りますが、98へのプリインストール版ってみいそ版に準じているん
ですかねぇ?
あと試すとすればDOS7.0(4.00.950/95a)での挙動と、DOSで領域確保してからDOS7のFORMAT(クイック
フォーマットではなく再フォーマット)を試すとか

あとの検証は256設定ではなく-27とモノホンのSASI HDD(H31/33/51/53又はLogi)で試すしか。
モノホンと番長の違いも有りそうですし。
# ゐゃSASIのI/FとHDDがセットで入手できれば何処のでも良いか

他にFMR版のCP/M86では256設定のストレージを使った気がしますが、此のストレージを窓95で使うとどう
なるんでしょうね?

ところでボリュームS/Nはただ単にFORMATした日時(2秒単位)になるだけなので、隠さなくても良さそうです
ボリュームラベルの更新日時よりも参考になりますね

# 窓7終了記念カキコ

 スレッドを切り替えます  /人'A`;人\  2020年1月15日(水) 4:05 修正
https://twitter.com/kunichiko の13日分.XVIにYD-665Cを外付けして1.44MBメディアを読み書きする方法.Compactの内蔵3.5インチFDDって1.44MB非対応だったんですか.

スレッドを切り替えます(汗

 汎用スレッド2020年1月 パート1  /人'A`;人\  2020年1月1日(水) 6:25
修正
明けましておめでとうございます.本年もお気軽にご利用下さい(初蹴
(・_・):ようやく気付いて直したようやな
/人'A`;人\:新年最初の一文字が誤字たぁ今年も幸先いいぜ(初殴

 あけおめ  エマティ  2020年1月1日(水) 10:56 修正
今年もよろしくお願いします。

昨年は日本的には未曽有の大災害が発生し、大変な年でしたが、我が家的には初孫が生まれ、良い年になりました。
今年は日本的にも大きな災害のない良い年になりますよう、お祈りいたします。

p.s.私の娘が家を建てることになり、4.5kWの太陽電池を付けました。
少しは地球環境保全に協力できるかなと思ったいます。

 2020あけおめ  かかっくん  2020年1月1日(水) 14:28 修正
あけましてお目出たう御座います 令和貳年 元旦 2680 HAPPY NEW YEAR MMXX

4,5kWソーラーですか。蓄電池は憑けましたか?
千葉停電の際に蓄電池の無い売電ソーラーは余り役に立たなかったそーです

 行く年来る年  KAZZEZ  2020年1月1日(水) 20:16 修正
皆様あけましておめでとうございます。

昨年は念願のSLOT-Tを手に入れ、Raで1.55V設定にしてようやくC3を安定動作できたのが感慨深いです。
(・_・): 最初の動作報告から2年もかかったな。
# ただ発熱が電圧の2乗・クロックの1乗に比例すると仮定すると
# 1.45Vで1.2GHzのCPUを1.55Vで1066MHz運用した場合、発熱が定格を若干オーバーする計算ですので
# まだテスト用途のままで常用はしていませんが。(汗

また昨年はここでの話題を機に9年ぶりに某自作ソフトをいじりだしたわけですが、
プログラミングは予想外に体力を消耗するようで、年末はえらくバテ気味でした…。orz
(・_・): 無駄に互換性の無いバージョンたくさん増やしおってからに…。(蹴

そんなわけで今年もどうなるか分かりませんが、(ぉ
皆様よろしくお願いいたします。m(_ _)m

   試運転  2020年1月2日(木) 12:02 修正
あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致しますm(_ _)m

> 4.5kWの太陽電池

最近はやってないので最新の状況はどうだか分かりませんが、写真にあるようなパネル型の場合、
一般的には紫外線だとほぼ発電しない(つまり、曇天や雨天では発電しない)筈なので、
夏場のピークカットを狙ったんでしょうか?
(陸屋根のシート防水に貼り付けたり、建具に組み込むシート型は紫外線でも発電)

> 蓄電池は憑けましたか?

今は、産業用の直流電源装置を住宅向けへ変えたような「蓄電池システム」なるものも
有りますが、イニシャルやランニング(セル交換)のコストを考えると、
そこまで投資するのは中々厳しいと思うんですよね・・・

災害時に冷蔵庫の事を考えないのであれば

・通常時
普通のコンセントへモバイルバッテリーを繋いで、充電しておく
(モバイルバッテリーは普段使いの物を活用すれば、劣化具合を把握できる)

・災害時
昼間に太陽光発電のパワコンに付いている「自立運転用コンセント」へモバイルバッテリーを
繋いで充電して、夜間にそれを使って最低限度の通信機器と卓上照明を稼働させる

という手を使うのも、一つの手です。

ただ何らかの事情で、災害時も冷蔵庫の稼働が必須、という事であれば
後付けでも良いので「蓄電池システム」と呼ばれてる物を導入した方が良いでしょう。

なお停電時、エネファームの類は運転しようとすると地味に面倒な制限があるとか、
水洗便所で自動洗浄の場合、手動レバーがないとこれまた地味に面倒、みたいな話も
有りますので、ご注意ください。

(・_・):だから此処はオマエのチラ裏じゃねぇと何度言えば(蹴

 蓄電池  エマティ  2020年1月2日(木) 20:56 修正
> 蓄電池は憑けましたか?
付けていません
停電時は素直にご近所と一緒に停電に付き合うことになります。(汗

>イニシャルやランニング(セル交換)のコストを考えると
ですよね〜〜。

>曇天や雨天では発電しない
太陽電池の発電量については元プロなので、重々承知です。(汗
ただし、発電しないわけではありません。とても少ないだけです。(おぃおぃ

   試運転  2020年1月2日(木) 21:51 修正
> エマティ 様
> 発電しないわけではありません

ありゃ、失礼しましたm(_ _)m
大昔に、シート型の太陽電池を製造しているメーカーから説明を受けた時は
パネル型だと発電しないと聞いていたので、ほぼダメなのかと思ってました・・・

(・_・):恥ずかしいのォ

 本年初の買い物  /人'A`;人\  2020年1月3日(金) 20:28 修正
■地元のリサイクルショップ
初売り大セールいうことで行ってみました.まぁ普段からろくなもん無いけ初売りや言うたかて特別ええもんも出んわな.で,店ができた時からあると思われる土埃が厚く積もった印度製12倍速CD-RWメディアCD-RW6 10枚入り白箱(発売元・元林)を2箱(初売り全品10%オフセールで\180×2)購入.
商品に対する問い合わせ先がmotto100yen.comとなっていましたので,元は100円ショップ用の品なんでしょう.中身は有名な印度製ですので使う気なし.CD-RWドライブも持っていませんし.ケース目当てでしたが,やっぱペラペラしてんねぇ.ダイソーだと薄型空ケースは4個入りで\110なんで値段的にはあんま変わりませんが.

----------------------------
以前音源ボードのスイッチ設定を文章ごと(パクリ検出子の一つである,.の句読点含めて)丸パクリしてたブログはありましたが,記事丸ごとってのは初めて.自動翻訳の精度が随分上がりましたなぁ.でもこういうのやめて欲しいんだよねぇ・・・・・せっかく訂正・追加してもその前のが残ってるとそっちも閲覧されちまうんですよね.いくつかは前の版のままなんですよねぇこいつらって.
http://pc98.pulsethread.com/dip98exp.html

-----------------------------
https://ameblo.jp/4-kobo/entry-12312277195.html
BP-486L BOARD
WACOMとNECのQFP大チップが載っていて,486DX2とPIO-HEX-8Mも載っており,とどめはMS-DOSの入ったROMも載っているという奇怪なボード.外部端子がプリンタとRS-232Cとキーボード(?)というのも・・・
>記憶ではPC-98をエプソン486に変換するのかエプソン486をPC-98に
>変換するかのボードであったはずです。
とのこと.

   tsh  2020年1月4日(土) 4:28 修正
新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

−−−
昨年末近くからイマイチ体調が不安定だったり、買いに行っても売っていなかったりでなんか振り回されて思うように作業が進んでません。

○パナ DMR-BRT1060 47000円ぐらい?+アンテナ線とかでそこそこ
珍しく1月からのアニメを録画したくなり、昨年12月の半ばぐらいに買いました。
2018年モデルの唯一の売れ残り?で、そこそこお手軽な価格であることと
下位モデルであったがゆえにコンポジット+ライン入力が残っていること、機能面で十分であること
そしてなによりデザインが横長ではなく取り回しやすい形状であることが理由です。
デザインはこのあたりを → https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1145283.html

肝心のアニメは、当初は告知されていなかったものの、結局はニコ生でも配信されるそうなので、無くてもどうにかなったのですが
ビデオデッキから延々と思考停止したかのように横長のデザインではなくなって扱いやすくなったものが安く買えたので、まあいいかなぁ、と。

−−−
別件で長らく放置していた手元の古いノートPCを掘り出したら、悉くビネガーシンドロームかバックライト切れで使い物にならず。(汗
Nr166の不動個体(部品取り)の液晶パネルが無事か通電しないと分からない程度のビネガーかという状態で、地味にダメージを食らってます。

特にThinkPad i1157の液晶が、全面浮き上がってきていて、すっぱいにおいが漏れている状態なので
早急にパネルだけでも処分したいところですが、当面は仕事が忙しい見込みなので作業できそうに無いのも辛いです。

 DMRとか。  KAZZEZ  2020年1月4日(土) 16:16 修正
> DMR-BRT1060
見覚えのある型番だと思ったら
私が去年買った1030はちょうどそれの前のモデルということで安くなっていたものでした。
9か月経って今度はそちらが旧モデルになりましたか…。

私の場合は部屋が荷物で一杯なので
キューブ型だと置くところが無かったので従来の横長モデルにしました。
横長の筐体は薄さもさることながら奥行きがけっこう短いのが利点で、
棚のちょっとした隙間に押し込むことができます。
NAS機能やMP4取り込み機能も付いていたので色々使えそうです。

自作PCの筐体もこれくらい小さければ良いんですけどね。

> MDK311V-0
チップ上に「mi」のロゴが見えますので
チップはメディアインテリジェントでしょうね。

> アイオーデーターのセカンドバスポートがありますが表面ボードが対応していないという謎仕様
セカンドバスのType Iですよね。
外出しの必要が無いCバスメモリのサブボードが対応していたと思います。
手持ちでは緑電子のSCSIボードMDC-553Lにもこのコネクタがありました。
(追記:ひどいピンぼけですが一応写真を載せておきます。)

   tsh  2020年1月5日(日) 0:58 修正
>>KAZZEZ様
>(レコーダー)見覚えのある型番だと思ったら
そういうこともありますよねw

自分は寸法を見ていい感じだったので、Win10移行で追い出すキューブ型ケースのPCの跡地に据える予定です。(移行が終わってないので上に仮置き中)
接続先のモニターにも近く、リモコンで操作しやすいので、他に選択肢は無かったとも。(汗


−−−
>BP-486L BOARD
PC-9800シリーズ互換の、Cバスバックボード方式のボードコンピュータのCPUボードだと思われます。
外部端子の構成も、ボード面積を要するグラフィック関連と、構成次第では専用ボードを使ってSRAMカードでの代用などになる場合もあるFDD関連以外の最小構成というところでしょうか。
バスマウスはオプション扱いなので、別途必要であればマウスI/Fを使うはずです。

個人的には、シルク印刷の雰囲気はCONTECっぽい気がするんですが、ロゴが無いのと、製品に振られた通し番号が無いので、違うみたいです。
InterfaceだとPC-9800シリーズ用の製品の型番は AZI- なのが基本ですし。
あとはワコムエンジニアリング(現・ロムウィン)の98Baseシリーズでしょうかね、確かバックボード式のモデルもあったはずなので。
現・図研エルミックのiNHERITORシリーズは確かデスクトップ型だけらしいので違うと思われます。

−−−
適当に漁ってたら、それっぽいものの関連製品?の資料が出てきました。
ワコムエンジニアリングの BP486N ボード というシリーズが、ROM化されたMS-DOSに関しての記述が無い以外は良く似ています。

ロムウィンになってから、途中で元のアドレスが変わったみたいなので2種類貼っておきます。
http://web.archive.org/web/20010305031033/http://www.rom-win.co.jp/japanese/shiyou/shiyou.htm
こちらのほうは古すぎて?リンク先のpdfが保存されてません。

http://web.archive.org/web/20060113170038/http://www.rom-win.co.jp/hp2005_3/pre_sell/Spec/Shiyou.htm
こちらのほうはリンク先のpdfも残っているようです。

ワコムエンジニアリング時代のURLが分かれば、もう少し何か出てきそうですが、う〜ん・・・

 生き別れパーツたちの新年会  まりも  2020年1月5日(日) 16:16 修正
正月は忙しかったのでご挨拶が遅れました。新幹線の車内で書いとります。ジャンク、リサイクルな活動も身体が資本ですし、その保管も災害にあっては元も子もありません。ということで皆様方の無病息災をお祈りいたします。

さて今回の発掘品は些細な小物パーツで、いずれも片割れが東西生き別れで役立たずな状態にあったものです。例えばMATEーR,X/WのCバスカゴになる左右のステーとか(笑。こんなもん片方ずつ別な場所にあっても全く役立たずで、不足では一台組むことができません。どういう経緯で生き別れというか過不足が生じたか不明です。
そのほかFDD増設キットのXA-E02やCXーE02の取り付け金具部分だけとか。元々箱入りの完全品ジャンクだったはずなのに、FDD本体だけ興味があって持ち出したんでしょうねぇ。鉄板、鉄材ジャンク箱に一緒くたにしまっていたためなかなか探し出すことができずにいたものです。MATEーRなどの3段Cバスライザー裏面の保護用プラ板もその箱にありました。普通には分離しないはずのものですよねぇ。
故障中のRv20の増設CPUであるPentium Pro のクーラーと押さえ金具、短いファンケーブルたちもやっと揃うことができました。ASUS の440FXソケット8マザーは前回存在確認していたものですが、これを載せたら動くのか確かめるため、連れて帰ります。

   試運転  2020年1月5日(日) 17:25 修正
業務連絡:/人'A`;人\ 様

98およびEPSON機のACアダプタについて、メールをお送りいたしますので
ご確認ください。
内容的には、大して役に立たない気もしなくはないですが、一応お送りする次第です。

(・_・):もう少し役に立って、活用しやすい情報を集めろや

   /人'A`;人\  2020年1月5日(日) 19:05 修正
>試運転さん
誤記のご指摘並びに情報を頂きありがとうございます.

98ノートのACアダプタで全く情報がないのはPC-9801Pのものです.おちさつで調べても本体含め一件もヒットしませんでした.もっとも今Pがどれだけ生きているかという問題と,今更Pで何すんのという問題はありますが(汗

>Cバスバックボード方式のボードコンピュータのCPUボード
あぁなるほど.DX2というところで気付くべきでした.このボードだけあったとしてもダメっぽいですね.

---------------------------------------
PC-9801T内蔵RAMベースボードMTA-4000L
http://auctions.afimg.jp/item_data/image/20170618/yahoo/c/248542274.1.jpg
http://auctions.afimg.jp/item_data/image/20170618/yahoo/c/248542274.2.jpg

   KAZZEZ  2020年1月5日(日) 23:10 修正
> バックボード方式のボードコンピュータ
なんだかTK-80みたいですね。
あれもTK-80BSでアップグレードする際にバックボードに取り付ける形になるんでしたっけ。

件のCバス486ボードのバックボードはやっぱり専用品でないと駄目なんでしょうかね。
Cバス増設BOXのPC-9811/K/N/Lあたりで代用できたら面白そうなんですが。
(^_^): 擬似的にPC-9811型番のPCを構築できそうで…。
(・_・): 単なる洒落かい!

 パソコン黎明期のトリセツ文章とは  まりも  2020年1月6日(月) 22:22 修正
今回PC-8001用のFDDユニットであるPC-8031-2Wのマニュアルが発掘されたので画像を挙げておきます。忘却の彼方であったN-BASICでのDISKの取り扱いが書かれていて思い出すこともいろいろあるんですが、この時代のマニュアルは読み物調で書かれているというのに改めて驚きました。客観的・抽象的に書かれた後の世のマニュアルとは違います。「パソコン」が世に出たばかりの時代、一般人向けに難しい機械の説明文をどう書くかということの苦心を感じます。

 98JUNK.DOC  /人'A`;人\  2020年1月7日(火) 5:30 修正
初出は同人誌(93年版)だったんですね.表紙が別な絵柄のものも見たことがあります.
http://auctions.afimg.jp/item_data/image/20190409/yahoo/c/v628088779.1.jpg
http://auctions.afimg.jp/item_data/image/20190409/yahoo/c/v628088779.3.jpg
元データが打ち込まれた経緯については少し前に書きました.

 [情報求ム]VGA(RGB)→DVI-D(no HDCP)  かかっくん  2020年1月7日(火) 14:02 修正
VGA→HDMI(w/HDCP)アダプタはありふれていますが、VGA→DVI-D(no HDCP)アダプタは殆ど見かけません。
多分画面の方がHDCP対応になってアダプタ自体は前者で事足りるやうになったからでせう
しかしDVI-Dしか無いモニタやプロジェクタにはHDCPに対応しない機種も有りVGAやDVI-Aではつながらない物も
数多く有ります。此の場合はDVI-D(no HDCP)しか方法が有りません。
# HDMIの場合はHDCP対応を条件にライセンス料を下げたりしていて事実上HDCPを必須としています
# トランスミッタに関してはHDMI対応を謳わずにHDCPに対応しないと云う選択肢も、割高なライセンス料を払って
# HDCP無しにする選択肢も有ります。接続したレシーバがHDCP無しの場合HDCP無しでリンクする実装も
# 有りそうですが、ライセンス料は割高な方ですかねぇ?
# レシーバはHDCP有りを選んでもHDCP無し映像を映せるのでHDCP無しを選ぶメリットは殆ど無いので
# 有りでせう

現状では値段がAV用(?)のVGA→HDMIの数倍するら特区のREX-VGA2DVI(当時は此れ程の価格比はなかった)
ですが、次を考えると...

ところで手頃なHDMIトランスミッタとして秋月のが使えそうです
akizukidenshi.com/catalog/g/gM-10045/
旧いGAのDACに接続してHDMIを追加するとか?
逆にHDMIレシーバは有りませんかねぇ?aitendo辺りかな?

 何しろ8001ですからねぇ  かかっくん  2020年1月7日(火) 14:40 修正
何しろ8001ですからねぇ。
みいそ機と云えば、其れ迄のTK-80(BS)/TK-85が元々評価用の基板だったのがホビー用途に売れただけ、
或いはACOS用の端末ですから、一般事務に使う、当時は無くても困らない道具として初めて売ったシリーズとして、
コンピュータとは何たるかを伝えるのが目的でせう。
「無くても困らないから必要ないや」と思われたら物置行きで、もう次を飼ってもらえないワケですし。

かつてMSXの取説の前半くらいが同様に読み物調だったのを思い出しました。
Apple][のマニュアルもイラストが多用されていましたが英語だったので当時(小学生になる前)は読めませんでした
# こんなでもWizardryをプレイしていましたが。Apple][版ですから当然全て英語
ちなみに後年迄此の手のマニュアルを続けたのが苹果機ですた

ところで8031-2Wですから2Dですね。8034-2Wという2D対応だか2D用だかのN-BASICも有りましたし
で、エラー内容ですが、
Disk not mounted
であり
Disk offline
ではないんですね。FDの有無でエラーが変わる(FDを入れていないとDisk offline)とか?

 Cubicな98本体はあってもよかった  まりも  2020年1月7日(火) 16:57 修正
>パナ DMR-BRT1060
AV機器とくにビデオ録画機が未だに横長380mm〜430mmなのは不合理だと思っていました。いわゆるミニコンポやONKYOのintec 205/275のようなキュービックな形が普通になってきているのにです。DいGあでそろえようと決めたとき、DMR-BF200を買おうかと思ったことはありますが、スロットインだったのでやめたことがあります。その後は諦めて横長機ばかりになってしまいました。まあ録画機は個人用ではなく家族用なので、さほど形状にこだわらなかったためですが。
(・_・):分解しやすさをとったんやろ

PC-98も基本的には奥行き少なめ横長指向でした(タワーが出るまで)。CRT一体機以外でキュービックな形状のがあってもよかったんじゃないかと思っています。Multi/Canbeは一応その方向だったでしょう。奥行きを十分確保しています。しかし上乗せのCRTのサイズが大きかったのが理由でしょう、厚みは減っても横幅は小さくなりませんでした。それでもA-mateの筐体よりは合理的レイアウトだと思っています。
最終形MATE-R/X/Wの400mm筐体は個人的には気に入りません。マザーボードは小さくなっているのに横幅も増え奥行きも増えてしまっているからです。電源ユニット下に無駄な空間がありますよね。厚みを増やしていいから380mm限度内で奥行きを減らしてキュービックにしてもらいたかったところです(どうせCRTは載せないので)。結局タワー型も出たしタワーでいいんじゃという意見は当然ありますが、あれは容積的に大きすぎるんですよね。PCIスロット上部空間が無駄だし深くてメンテしにくいのです。必然的に重量も増しています。
(・_・):どんだけメンテしとんねん!

タワーだかキュービックだか曖昧な線がCt16/Ct20 でしょうかね。PCIスロットへのアクセス動線がいいのでメンテしやすそうです。CEREBでまたAV家電ふう横長に戻ってしまいましたが。

>Disk not mounted であり Disk offline ではない
FDDのハードウェア改良とBASICのバージョンアップでmount/remove 不要になったからじゃないですかね。PC-8801で8インチ2DになったときDisk offline を初めて見た気がします。mount/removeの呪縛から解放されたときの感動は大きなものでした。それまで何度remove忘れや過剰removeでデータをぶっ壊してきたか・・・
ちなみにPC-8031-2Wのマニュアルの最後のページには、
「ディスクは急に止まれない とりだす前にまずREMOVEを!」と印刷された紙があります。説明書にはこれを切ってFDD本体に貼っとけと書かれています。

 スレッドを切り替えます  /人'A`;人\  2020年1月7日(火) 20:32 修正
縦置き派からすれば奥行きはともかく横幅は大して気になりません(殴
では縦置きが有利かといえばそういうわけでもなく,筐体内の風の通り方が不利な気がしないでもないのと,何より喧しいWindyファンとか付いたK6系CPUアクセラレータがヒートシンクとCPUの接触が悪い極悪仕様のため(等にM社製品),CPUの冷却でも不利という大問題が(まぁこれタワー機でも同じですよねぇ・・・).

スレッドを切り替えます(汗

 令和2年1月アニメスレ  エマティ  2019年12月25日(水) 21:25
修正
正月特番があるからまだまだ早いと思っていましたが、EPGを検索するとおすすめ貧が見つかったので、誤哨戒します。

BSフジ・181(BS Digital)
2020/01/01(水) 00:30:00 〜 2020/01/01(水) 04:55:00
[新]<アニメギルド>『2020一挙放送スペシャルSHIROBAKO』【♯1〜♯9】

武蔵野アニメーションの新人制作進行のあおいを中心として、アニメーション制作現場で起こるトラブルや、葛藤や挫折などといったアニメ業界の日常を描く群像劇。

   KAZZEZ  2020年1月4日(土) 0:07 修正
そろそろ番組表も平常どおりになって新番組のラッシュですね。
4月を控えた冬は割と新番組は少ないかと思うんですが、
例によってアニメの録画予約用に新番組のリストをまとめたら今期も50番組くらい余裕でありますね。(汗
相変わらずネット配信だけというアニメも数番組あるようです…。orz

この土日はBS・CSの無料放送もあるので、まだ新番組の予約をあまり行うことができず、
目下、録画機のHDDを空けているところです…。(ぉ

 汎用スレッド2019年12月 パート3  /人'A`;人\  2019年12月22日(日) 5:04
修正
引き続きお気軽にご利用下さい(蹴

-----------------------------------------
Lスロット用外付け1MB FDD I/F.エプソン純正品ですのでPC286LFDIFでしょう:
http://auctions.afimg.jp/item_data/image/20130224/yahoo/c/f116765228.1.jpg
こういう古いのはやっぱ昔の出品が多いわねぇ・・・画像小さくて数も少ないけど.

http://hamlin.html.xdomain.jp/FDD/FDD_IF/FDD_IFB.htm の 35.IF-A2E02 (TEAC)
http://auctions.afimg.jp/item_data/image/20180113/yahoo/c/t549306598.1.jpg (画像は7.jpgまであり)
型番は純正A2-E02に近いのでMATE-A用でしょうか.しかし8ピンミニコネクタもありますので,フラットケーブル接続用コネクタ(パターンだけのところ)を別にした非MATE-A用の製品と基板が共通だったとかでしょうか.

 Vm2Eとは  まりも  2019年12月22日(日) 23:00 修正
サンタもこれだけの98を煙突から投げ入れることはできないでしょうが、、、
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d408237671
最上段にVmがあるのですが、HDD内蔵らしく横長なうえに、背面画像で見ると、Vm2Eと書かれたスペシャルな銘板が付いています。そんな機種があるとは知りませんでした。1MB FDDコネクタの位置からして普通じゃないですがどんな仕様なのでしょうね。

 VM2Eは輸出向けでは?  かかっくん  2019年12月23日(月) 0:59 修正
VM2Eは輸出向けでは?PC-9801FC(FC-9801でわない)のやうな例もありますし。試運転さんが詳しいかも?
ACアウトレットがJISでもNEMAでもないC13ですし、銘板には115Vとありますし、FCC-AとULが有りVCCIと〒が
無いですし、DIGITAL RGBがDE-9メスですし。
# 400ラインはやっぱり24kなんですかねぇ?其れとも31k?はたまたEGAとほぼ同じ?時期からして24kか
# EGAな気がします

HARD DISKポートにフタが有りますからこの機種自体はVM2の通りFDDモデルな気がします。国内向けと違って
後付けできる仕様なのでは?(国内向けはUXから)
多分半角フォントの非英数部分(カナとか円年月日時分秒とか)や¥が違う気がします。欧米向けなら漢字ROMも
無いかも?

参考 jp.misumi-ec.com/pdf/el/2011/2906_1.pdf
2ページ目の上段がアウトレット、下段がインレット
PC-9801FC pbs.twimg.com/media/D6x9nbVUEAAh3Xd?format=jpg
国内向けとはFDD(FD1155系)と漢字ROMの内容(簡体字のGB2312)が違います

GB2312も韓国語のKS X 1001(KS C 5601)もJISの区点コードのやうに94x94で規定されているらしいです。
GB2312は思い切りましたな(ちなみに繁体字は94x94で足りるワケはなくEUC-TWではJIS X 0213のやうに
切り替えています。Big5の方はSJISと似た法則のコードでやはり\問題があります)

ところで何台かにGPIBらしき板が差さっていますね

# ドーでもイー話ですが、みいそが98を終わらせた(?)日がアノ日だったのってみいそが自前で決めたんですか
# ねぇ?其れとも440FXか98版窓かがディスコンになったから(外的要因)ですかねぇ?
# Ra43/Nr300ともDOSモデルだけでは売れないでしょうし

 秋月でキャッシュレス還元  かかっくん  2019年12月24日(火) 15:44 修正
ところで、長らく現金払いしかできなかった秋月秋葉原店で先週よりクレジットと交通ICが使えるやうに
なりましたね(5%還元)。6日に寄った際は未だですた
次行った時から使おう
akizukidenshi.com/pdf/contents/akiba/shop_usepolicy.pdf
# 20日迄延ばせば良かったかな?でも其の時点で今月導入は知らなかったし
# cashless.go.jpの一覧PDFには其の前からあったけど
# トモカ電気はラジオセンターは導入していて(5%)ラジオデパートには無いし(ラジオデパートの在庫を
# ラジオセンターで決済はできませんし)。

あと秋月通販は10月から1マソ以上で送料無料(例外有)になりましたね

 Web Archiveの誤動作と『終了しました』ページは404を返さない件  かかっくん  2019年12月24日(火) 17:13 修正
↑の通り、『サービスを終了しました』ページは404を返さないので、Web Archiveが延々と『終了しました』ページを
アーカイブし続けていますね。しかも403だったページまでも『終了しました』になってから延々と。
飽く迄も『終了しました』は実在したページの代わりに表示されるから404ではないんですかねぇ?

 秋月でキャッシュレス還元  Kuni  2019年12月25日(水) 18:02 修正
秋月通販のHPを見たのですが、5%還元の文字がどこにもありません。
(探し方が悪いのかも?)

秋月八潮店は「cashless.go.jpの一覧PDF」に有るけど、
通販センターが入ってないからなのかな???

   /人'A`;人\  2019年12月25日(水) 20:38 修正
PC-9821XS-B01+B02
http://auctions.afimg.jp/item_data/image/20180125/yahoo/c/m217716609.1.jpg (1−3まであり)
PC-9821XV-E01フルセット.ケーブルが伸ばしてある画像は珍しいかと.ケーブルの長さが推測できそう.
http://auctions.afimg.jp/item_data/image/20180128/yahoo/c/h300931161.1.jpg
ツクモのL-slot【専用←】外付けFDDユニットTS-5L286
https://aucview.aucfan.com/yahoo/m131737254/
http://auctions.afimg.jp/item_data/image/20150325/yahoo/c/m131737254.1.jpg (2,3あり)
型番もいかにもという感じ(L-slotが最初に装備されたのはPC-286L)ですが,さすがのワシもこんなニッチな製品があったなんてのは初耳.フラットケーブル付きの薄気味悪いL-slotのっぺら基板(専用I/Fでしょう)が付属しています.内蔵FDDとの切替?排他?使用?

 秋月通販キャッシュレス還元(;_;)  Kuni  2019年12月27日(金) 10:39 修正
同様な疑問を持った方が居たようで、記事が出ていました。
通販は対応していないみたいです。

http://www.jh4vaj.com/archives/15244

>エマティ様 2019年12月4日
Daisoで買ってきました。
SanDiskのより案配が良い様で、今のところ認識失敗が無いです。
(^_^)
有難うございました。

 98は外国人によって継承される?  まりも  2019年12月27日(金) 16:07 修正
正月休みにでもSCSIボードの情報整理やら拙作ROMアプリやらについてまとめようと思っていたら、その通りの内容のがどこかの国地域の誰かによって既に完成されていたでござる。ユーザ視点で過不足なく書けています。
http://target-earth.dyndns.org/wiki/doku.php?id=blog:pc98_hdd
<28日追記>これが書かれたのは8月ということで、わたしが最近リサイクル掲示板に書いたようなSCSIボードROMの中身構成についての情報はご存知でなかったようです。SC-982 やLHAー201ではうまく行かなかったとなってます。4KBを8個連結コピーしたとなってますが、バンク単位が16KBで転送モード設定によっては3個目に存在するものが出現するため、残念ながら届かなかったようです。27C512にして16個コピーしていれば大丈夫だったかもしれません。またSC-98初代やSC-982(たぶんTEAC IF-500も)についてはSCSIブートROMはそもそも27C256には入ってなくて28C64のほうにあるというトラップがあります。ということで応用例記事はやっぱり書いておこうかなと思います。

 グロ画像注意(殴  /人'A`;人\  2019年12月27日(金) 20:01 修正
ロゴと社名の自己主張の激しいエレコム製1MB FDD I/F,FDB-1MF
http://auctions.afimg.jp/item_data/image/20160429/yahoo/c/o142596879.2.jpg

LHD-38VK.I/F部LHA-12VK(シルク印刷LHA-12V2)はSCSI(LHA-12VはSASIなのに).こういうものがメーカーの製品として存在したとは.
http://auctions.afimg.jp/item_data/image/20180709/yahoo/c/m262771845.1.jpg (2,3あり)
ところでユーザーによる同様の工作ではHello!PC/PC-98パワーアップ道場の記事(RXとかDAとか用の内蔵FDDユニットのフレーム部分をSCSI HDDのマウンタとして利用し,HDD自体はCバスSCSI I/Fと接続するという奴)を想起する方も多いでしょうが,それに関連してちょっと個人的に思い出すことがあります.私がまだ第三研究所の掲示板に出入りしていた頃,CバスSCSI I/Fで基板上に50ピンコネクタあるいはそのパターンがある奴にはコニックのもの以外にあれもあるしこれもあるがやとやっていたまさにその場に,小笠原陽介氏ご本人が降臨されたんですよ.そこでCバスSCSI I/F上に50ピンコネクタが付いていた製品はインターネットが今ほどのものでなかった当時はあれしかご存じなかったといったお話も出ましたが,どこかの会長だか社長だか編集長だかの偉い人と会われた際に,あの記事の衝撃はものすごかったといった意味のことを言わたというお話が特に印象深かったです.どういう理由でということは忘れてしまいましたが(氏は触れられなかったかもしれません),98に関する工作といえば,当時はクロックアップだCPUの張り替えだといったハンダゴテ必須の非常に敷居の高いものが殆ど(?)だったのかもしれず,そこに既成の部品だけを簡単に組み合わせるだけで一つの実用的なものが作れるという事実が,一部の人々には目から鱗だったのかしらと.そういえばPCカードスロットをファイルベイ3.5インチ機器取り付け用フレームに固定するのに横からネジで締め付ける(穿孔作業を一切行わずに)という工作も,色んなところで随分目にしました.

ファイルスロットMOドライブ,PC-OD301FB
http://auctions.afimg.jp/item_data/image/20121222/yahoo/c/h171614223.1.jpg
注目していただきたいんはこいつ自体やのうて,前面左右にある防塵フィルタ.くさび形しとって,フレームに不織布が貼っ付けてあって,中には綿みたいな線維が入っとる(だけな)んやが,左右一対の小売り価格が実に七千円.念のため繰り返すで.七千円や.七百円の間違いちゃいまっせ.出た当時の価格そのままなんでしょうな.NECフィールディングの店舗に行ってその場で担当者に直接調べて貰たんで間違いおまへん.担当者の姉御もびっくりしてはりましたわ.しかもやね,これ1か月だか3か月だか毎に交換せえっちゅうんですよ.付き合い切れまへんわ(殴

追記:件の防塵フィルターの実物の画像を載せました(グロ注意).
まぁこんくらい汚れとったら流石に取り替えないかんでしょうなぁ.どこで使われていたものか知りませんが,入手時には既にこうでした(つまり完全に死蔵中.但しMOドライブ自体は正常動作します).プラスチックは吸気口の部分だけで.本体はワイヤーの枠を不織布で覆ったもの.中身は,これ何なんでしょう,猫の毛みたいなのが詰めてあります.ひょっとしたら血統書付きの猫の毛等を使っているために値が張るのかもしれません(嘘

 グラボその後  KAZZEZ  2019年12月28日(土) 2:09 修正
動作確認していなかったQuadro600ですが、ようやくRaで確かめたところ(ぉぃ
予想通りWordに貼り付けた画像とかは乱れなかったのですが、
なぜか3DMark2000のFillRateで画面が乱れてフリーズします。
多くのベンチマークは普通に通ったんですが、
一部の特定の場面において同様に乱れてフリーズすることがあるようでした。

ドライバは正常動作したQuadro2000と同じ261.19(というか2kドライバはそれしか無い)ですし、
RaII23でもRa40でもほぼ同様の症状でした。
(・_・): ネジ穴から何まで完全互換の機種で比較してどないすんねん!
(^_^;): P5系本体だとDirect3Dが正常動作しないはずですので・・・。
…というわけで、まだ相性なのかボードの故障なのかは分かりませんが、取り急ぎご報告まで。(汗
常用できないほどでは無さそうですが、PC-98ではちょっと微妙なのかもしれないということで。

 年の瀬に温故知新な標準フォーマット  まりも  2019年12月28日(土) 21:42 修正
「標準フォーマット」はSASI(<40MB, 256B/sect)の時代の98のHDDフォーマットで、とっくに非標準どころかHDDすら入手困難で実現不可能なものと思っていましたが、IDEのHDD容量を制限すれば可能と聞いて、実機(9821Ae)でやってみました。BIOSでIDEのセクタ長で256バイトが選択できる機種なら可能でしょう。HDDは予め20MBに相当するLBA数で容量を調整しておきます。ICCも使えます。

DOS 6.2のFORMAT /H で「初期化」をする際に、標準フォーマットが選択可能なメニューが出ます。これを見たのはDOSの3.30Aの頃が最後だった気がします。20MBのうち10MB確保し、IPLの転送もしてみます。一度メインメニューに戻り残りを確保しようとすると、「既に領域がある」と出ます。どうやらDOSの領域を複数作ることができない仕様だったようです。たぶんN88 DISK BASICでは確保できるのでしょう。 メインメニューのIPLという項目が出るのですが、これも登録と削除しかできず、実質MS-DOSをブートするか別領域のN88をブートするかの選択機能なのであろうと思います。忘れていたというか知らなかったですね。DOSだけで確保するなら全領域確保すべきということになります。

作られた領域はDOS 6.2から見ると変なところがあります。というか普通のFAT領域の仕様を満たしません。
・DOSの論理セクタ番地0にはBIOS parameter BlockやIPLコードがなくE5hで埋まっている
・したがってDOS論理セクタ0を読むツールはことごとくエラーや異常値を示す
・DOSファンクションで諸元を読んでいるぶんには問題ない
・chkdskをかけると壊れていると言われ8個の浮遊クラスタがあることになっている

chkdskコマンドはBPBの整合性チェックもしていたと思いますが、MS-DOS 6.2のは標準フォーマットに実は対応していないんじゃないですかね。DOS論理セクタ0はBIOSセクタ番地20(十進)(後で訂正あり)に対応し、BIOSセクタ番地0〜5にMS-DOS INF AREAという情報があり、とくに番地1のIPLがIO.SYSのロードをしているようです。BIOSセクタ番地6〜19が空きのようです。<←ここ訂正あり、後で書きます>

ということで拡張フォーマットおよびDOS 5〜6とだいぶ違います。なお拙作rmbr 1.55は実機では正常に実行できました。drvlstは"256B/s"という表示の前にスペースがなく、セクタ数の表示と連続してしまうバグが確認できました(汗

<23時追記>DOS 5のFORMAT /H 5.70でフォーマットしDOS5のchkdskを実行した場合は問題ありませんでした。DOS 6でフォーマットしてDOS 5のchkdskでは破損クラスタありと出ました。このことからDOS 6.2のFORMAT.EXE の実行結果に問題があるとみられます。FATの本来00で埋まっているべき所に“666666666666”という謎の文字列が書かれることが原因のようです。標準フォーマットはDOS5がよさそうです。しかしDOSの論理セクタ番地0にはBIOS parameter BlockやIPLコードが無いという点は変わりません。EPSON版DOS5のchkdskに至ってはハングアップしてしまいました。

 標準フォーマットならFORMAT2.x  かかっくん  2019年12月29日(日) 1:11 修正
> 「標準フォーマット」はSASI(<40MB, 256B/sect)の時代の98のHDDフォーマットで、とっくに非標準どころかHDDすら入手困難で実現不可能なものと思っていましたが、IDEのHDD容量を制限すれば可能と聞いて、実機(9821Ae)でやってみました。BIOSでIDEのセクタ長で256バイトが選択できる機種なら可能でしょう。HDDは予め20MBに相当するLBA数で容量を調整しておきます。ICCも使えます。

40MのSASIではダメですから40MのHDDはI/Fで20Mx2の設定をします。
みいそのST-506 HDDで20Mと40Mの間は有りませんでしたから必然的に<40Mの最大のは20Mになります。
こう云う処に8:17が生きてきますね。まぁ98のてとかはDOS3の頃に此の儘20MのSASIとして認識していた
ワケですし

> DOS 6.2のFORMAT /H で「初期化」をする際に、標準フォーマットが選択可能なメニューが出ます。これを見たのはDOSの3.30Aの頃が最後だった気がします。20MBのうち10MB確保し、IPLの転送もしてみます。一度メインメニューに戻り残りを確保しようとすると、「既に領域がある」と出ます。どうやらDOSの領域を複数作ることができない仕様だったようです。たぶんN88 DISK BASICでは確保できるのでしょう。 メインメニューのIPLという項目が出るのですが、これも登録と削除しかできず、実質MS-DOSをブートするか別領域のN88をブートするかの選択機能なのであろうと思います。忘れていたというか知らなかったですね。DOSだけで確保するなら全領域確保すべきということになります。

自分は嘗てDOS3.3で拡張フォーマットしたHDDに何とかしてBASIC4.1を入れやうとしていましたが上手く
いきませんですた。過去ログの通り4.x迄は標準フォーマットにしか対応していなかったからです。

> 作られた領域はDOS 6.2から見ると変なところがあります。というか普通のFAT領域の仕様を満たしません。
> ・DOSの論理セクタ番地0にはBIOS parameter BlockやIPLコードがなくE5hで埋まっている
> ・したがってDOS論理セクタ0を読むツールはことごとくエラーや異常値を示す
> ・DOSファンクションで諸元を読んでいるぶんには問題ない
> ・chkdskをかけると壊れていると言われ8個の浮遊クラスタがあることになっている

抑抑キチンと標準フォーマットされていない気もします。餅は餅屋と云う事でDOS2.11とFORMAT.COM2.xが
有りましたら其れで試してみて下さい。

> chkdskコマンドはBPBの整合性チェックもしていたと思いますが、MS-DOS 6.2のは標準フォーマットに実は対応していないんじゃないですかね。DOS論理セクタ0はBIOSセクタ番地20(十進)に対応し、BIOSセクタ番地0〜5にMS-DOS INF AREAという情報があり、とくに番地1のIPLがIO.SYSのロードをしているようです。BIOSセクタ番地6〜19が空きのようです。

此れも同様な気がします。BPBはLBA 1のIPL部に有るのでは?
ゐゃ他OSでIPLを上書きしても消えない位置に無いとダメですね
其れにしても8:17を考えると変なLBAに配置されていますね
# 標準フォーマットの仕様はPCのMBRと似ていたとか似ていなかったとか?

ところでセカンダリIDEが有りIDEを256B/S(N=1)に設定できる機種って何でしたっけ?A3(ファイルベイ時)?

 USBカードリーダー&SCSIボード  エマティ  2019年12月29日(日) 5:49 修正
Daisoで買ってきました
私の買ったものとは違うようで、こっちのほうが上等ぽいですね。
私もこんなの探してみます。

>どこかの国地域の誰かによって
リンク先の最下行を見ると
Last modified: 2019/08/04 08:48 by john

johnさんだそうですね。この名は主に米国で使われているようです。
4か月前に更新ですか、現役バリバリっすね。(滝汗

 標準フォーマットではトラック境界遵守  まりも  2019年12月29日(日) 14:34 修正
>この名は主に米国で使われているよう
というか普通すぎる名前なので、日本でいうところの"*太郎"とか"名無しさん"や"通りすがりさん"程度のH/Nじゃないんですかね。
それにしても日本語の内容把握が完璧過ぎます。語学力がすごいのか、最近の機械学習する翻訳システムがすごいのか、、、

>其れにしても8:17を考えると変なLBAに配置されていますね
昨日調べたのは間違っていました(汗 正しくは以下のようになっているようです。セクタ長は256バイトで番地は十六進とします。
セクタ00h〜01h とりあえずIPLらしい
セクタ03h〜05h MS-DOS INF AREA と書かれた少々の情報
セクタ06h〜20h 全てE5hで埋まっている ---ここまでシリンダ番号0ヘッド0
セクタ21h〜24h 全てE5hで埋まっている ←DOS論理セクタ0(*)
セクタ25h〜   ここからFATが書かれている
(*)標準フォーマットのドライブの「DOS論理セクタ長」が1024B/sectらしいので、(BIOS)256B/sect×4sectまとめてのDOS論理セクタ0番地かもしれません。そうするとFATファイルシステム部分はトラック境界で始まっているということになります。<15時追記>DOSのint 25h経由ではセクタ21h〜24hの内容で読めたのでこの考えで合っていそうです。

拙作rwMBRは標準フォーマットなど想定外でしたので、今回対応させ、33(21h)セクタでいいのかなとは思いましたがとりあえず37(25h)セクタ分保存するようにしました。エミュレータ環境でハングアップする問題は、おそらくレコード長0を指定してint1Bh ,AH=06をコールするところだったと思います。これはイレギュラーな呼び出しなので削除しました。drvlstも" 256B/s"の前にスペース入れておきました。
http://hp.vector.co.jp/authors/VA012947/hduty/rwmbr.html  (URL変更)

>セカンダリIDEが有りIDEを256B/S(N=1)に設定できる機種
最初は9801Bや9821B-mateでしょう。BX4/Xe10はダメかも?

 H/N  エマティ  2019年12月29日(日) 19:11 修正
>・・・程度のH/Nじゃないんですかね。
なるほどそれはうっかりしていました。

しかし私としてはまりもさんにして「既に完成されていたでござる」と言わしめるほどのページをくっておいて、そんな適当な名前でUPする外国人というのも考え辛いいです。

 河川水のの流れの障害除去?  エマティ  2019年12月29日(日) 19:24 修正
汎用スレなので、ここに入れときます。

よく散歩に利用している大和川(1級河川)で、いままでは河川内にいっぱい木が生えており、漂流物が引っかかっていても何年も放置されていたのですが、今日きれいに切断されていることに気が付きました。
この秋の多数の河川の決壊を見て、少しでも流れの障害になるものは除去しようということでしょうか?

   /人'A`;人\  2019年12月29日(日) 21:47 修正
少しどころか相当な悪影響があると先日の東日本台風水害のニュースでやっていました.伐採には相当金がかかったでしょうが,洪水による被害を考えれば安いものという一流大都市の行政ならではの判断でしょう.田舎だと幅が何百メートルもある川の大半に増水時に流れてきた土砂や流木,ゴミなどが堆積して柳の大木や大型の特定外来植物が生い茂り(鷺とかああいう大型野鳥の住処になったりもしています)手が付けられなくなっている状態が普通にみられます.溢れたところで周囲は殆ど田畑や古い家並だしという判断でしょう.有力政治家もおらず大した票田でもなくまた予算もないのでしょうが.

 そぉだ4:33だ  かかっくん  2019年12月29日(日) 21:49 修正
そうですた。20Mが4:17なのはHDDレベルでの話で、256設定の場合BIOSレベルでは4:33でした。

> セクタ00h〜01h とりあえずIPLらしい
> セクタ03h〜05h MS-DOS INF AREA と書かれた少々の情報
> セクタ06h〜20h 全てE5hで埋まっている ---ここまでシリンダ番号0ヘッド0
> セクタ21h〜24h 全てE5hで埋まっている ←DOS論理セクタ0(*)
> セクタ25h〜   ここからFATが書かれている

10進にすると20hが32ですから1トラック33セクタで合っていますね
ところで、同じ20MでもSASIは4:17(4:33)になりますが、IDEも然うなりますか?其れとも8:17(8:33)に
なりますか?

 あまり考慮したくない256B/sや標準フォーマット  まりも  2019年12月29日(日) 22:18 修正
>IDEも然うなりますか
システムセットアップメニューで「内蔵ハードディスク」(IDE)のセクタ長(BIOS emulation)で256B/sectを選択すると、20MBの場合4:33に(40MB以上だと8:33に)なります。8:17でフォーマット済みの状態でセクタ長を変更すると、固定ディスク起動メニューなどから「未フォーマット」と扱われるようになるのですが、どこでそう判断しているのか未だわかっていません。セクタ長を変更しただけなら内容的には保持されているはずです。

>そんな適当な名前でUPする外国人というのも考え辛い
書いたのは日本人かもという気がしますが、なにしろ秋葉原では外人が"ピーシーキューハチ"と会話する時代ですからわかりません。まあどこの誰でもいいが内容はほぼ正確なのでいいでしょう(EXIDE***のCOM形式ファイルを実行と書いてあるとこ以外は)。
<30日追記>内容からしてjohn氏はたぶん下記サイトの質問投稿者と同一かと思います。濃すぎる内容のため回答なしです。#しかし凄い98サイトだ
https://www.reddit.com/r/pc98/comments/ccqhaq/any_success_with_the_exide486_ide_patch/
回答は,SCSIをキーワードに11月〜12月のエマ・リサを読め、でいいでしょう。
(・_・):なんちゅう短縮形や

>漂流物が引っかかっていても何年も放置
大きい河川は国が管理するのですが、東京でも河川敷の流木の撤去は進んでないです。まあ延長が長いですからね。護岸工事が優先されています。真っ先に撤去されたのは道路の橋桁付近の流木だけで、これは河川局ではなく国道事務所が行っていました。

 256で初期化したHDDをダンプすると判るかも  かかっくん  2019年12月30日(月) 0:42 修正
>>IDEも然うなりますか
> システムセットアップメニューで「内蔵ハードディスク」(IDE)のセクタ長(BIOS emulation)で256B/sectを選択すると、4:33になります。8:17でフォーマット済みの状態でセクタ長を変更すると、固定ディスク起動メニューなどから「未フォーマット」と扱われるようになるのですが、どこでそう判断しているのか未だわかっていません。セクタ長を変更しただけなら内容的には保持されているはずです。

ゐゑ、セクタ長が256になるとパーティションテーブルが8エントリになったりしますから読んでいる位置が変わる
気がします。設定を変えたところでハードウェアにアクセスできなくなるワケではありませんから、512に設定して
0フィルしてから256にして初期化・8エントリ領域確保して、512にしたりPCに接続したりしてダンプしてみると
判る気がします。

 長くなってきましたが今年はこのままで(汗  /人'A`;人\  2019年12月30日(月) 9:20 修正
FDに生えるカビで上の白いタイプは大分マシとのこと.下のはよくわからんが色が付いてるカビってことでしょうか.私が見てきたのは上の白いタイプばかりだったような気がします.
https://twitter.com/rikyou_moe/statuses/1211248302529761280
https://twitter.com/rikyou_moe/statuses/1211243934459891712
下の画像では最初窓から見えるディスク面がジャケットより手前に出っ張っているように見えました.陰影による目の錯覚でしょう.

-----------------------------------------------
画像はヤフオクで出品者ID hamayokotobe,オークションID o213205252の出品物(2018年1月3日落札)の説明画像を加工したもの.FD1137Dを2台接続していたケーブルとのことですが,前後の落札物中にDXで使っていたFD1137DとDXのドンガラがありましたので,DX/U2のものとみて間違いないでしょう.
DX2などのFDDケーブル(http://98epjunk.shakunage.net/fdd/da_fdd_c.html)と同じく,(空中を延びてくるのではなく)マザーボード上を長く這ってFDDに接続されるでしょうから,ケーブルの端のコネクタが1台目のFDD(上側)用で,中間のコネクタが2台目のFDD(下側)用でしょう.マザーボード接続用コネクタはいつも通り反位34ピンと.
DS/U2とDA/U2でも同じでしょう.CV/UV11/UX/EX/ESでも同じかもしれませんが今のところ証拠なし.

 カビはアルコールで死ぬかもしれないけど落ちない  まりも  2019年12月30日(月) 15:52 修正
フロッピーは磁性体による黒地ですから大概のもんは白っぽく見えるでしょう。悪影響度は菌種によるってことはあるでしょうが白黒で判断できないような気がします。ヘッドをシャリシャリ言わすタイプは、経験的には磁性体と一緒にはがれるので茶色っぽく見えるやつが多いですかねぇ。このタイプはアルコールで拭いても取れません。菌種なのか浸潤の深さなのかわかりません。

DA/U2は持っていましたがFDDコネクタは下突起であったと思います。枠無しコネクタなので上下どっちでも刺さらなくはないんですが、「普通の世界」では上凸なのでそこを間違えて別途のFD1137Dを壊してまったことがあります。

追加情報ですが、標準フォーマットされたHDDはDOS 7.10(Win95OSR2,Win98のDOS)では全く存在が認識されませんでした。まあハイレゾすら対応で無いからそうなんでしょうけど。FDISKを実行しようものなら、標準フォーマットの検出もなく有無を言わさず未使用状態相当で完全に拡張フォーマットされます。

 今年最後のお買い物?  KAZZEZ  2019年12月30日(月) 17:37 修正
・週末のアキバ
さすがに人が多かったです。

研究発表会のほうで量販店のコンパクトフラッシュの話が出ていたので
いちおう見て回ったのですが……もう量販店ではCFなんて見かけないですね。
あきばおーとかにはまだ普通にあるようですが、値段表を見てもCFの4GBがすでに空欄です。
2GBや8GBは売られていますが、16GB未満は値段にほとんど差が無いですので、
やはりAT互換機でも旧機種のHDDの代替目的の需要なんでしょうかね。

処分場ではSLOT-1のCPUがいくつかありましたが河童は見当たらず。
個人的にKatmaiは持っていなかったのでよっぽど買おうかと思いましたが
ジャンクにしては\700と少々値が張ったのと
うちにはまともに動作確認できる環境が無いので見逃し(日曜には既にありませんでした)。
KatmaiはRa266の初期・中期ITFでSSEを使う唯一の手段なのですが(Nehemiahは別として)
それ以外のITFでは(マザーに半田入れしないと)Katmaiが動かないんですよね…。

(・_・): で、結局何買ったんや?
(^_^;): ヨドバシで空気清浄機のフィルターだけ…。(汗

----
> 標準フォーマット
古い書籍を見ても、MS-DOS2.11でアクセスする可能性があるときくらいしか使い道が無いらしいですね。
個人的にはUV11でMS-DOS2.11を外付けSASI-HDDに入れていたので標準フォーマットで使っていました。

前にも言いましたがDOS2.11ってHDD起動すると2HD/2DDの自動切換えができないんですよね。
DIP-SW 3-2の設定に従いますから、うっかり2DDのFDを2HDでフォーマットして使えなくなったりしました。orz

> >セカンダリIDEが有りIDEを256B/S(N=1)に設定できる機種
> (略)9821B-mateでしょう。
手近に32MBのMSがあったのでHDD変換すれば手元のBfあたりで標準フォーマットの挙動は試せそうです。
ただ例によってメモリーカードとHDDじゃ挙動が違うのであまり意味はないかもしれませんが…。

--(22:30追記)--
試してみました。32MBのカードは20MBと認識しました。
このくらいの容量はBIOSで20MBとか40MBとしか認識できないようですね。
おっしゃるように256Bセクタの標準フォーマットで
DOS5では起動・CHKDSKとも問題ありませんでしたが、
DOS6.2でフォーマットするとDOS5のCHKDSKがエラーを返しましたし
DOS6.2の起動もできないことを確認しました。
------

> エミュレータ環境で
やはり今になって作るソフトは動作環境としてエミュレータやFreeDOSも考慮しなければならないんでしょうかねえ…。
# 個人的にはBATCPでコンパイルしたEXEがFreeDOSで動かなかったのは痛かったです。

PC-98実機をいくつも持っている身としてはエミュレータはあまり好きじゃないんですが、
# というか個人的にRaII23より(クロックが)速いマシンは使っていないですので
# PC-98でPC-98をエミュレートしてもあまり意味が無いような…。(汗
ただ、PC-98以外で1機しか持っていないアーキテクチャのマシンは
実機はいつ壊れてもおかしくないですから負担をかけたくないですし、
できればエミュレータのほうで常用したいという気もわかる気がします。

> カビはアルコールで死ぬかもしれないけど落ちない
実際、FDのカビってどうやって掃除したらいいんでしょうね。
BeepではFDにカビがあるジャンクソフトを売っていることがあるので私も気になっているのですが、
カセットテープなんかは下手にいじると余計に信号が消えますから、迂闊に拭く気にもなれません…。

FDDのドライブ側のクリーニング製品はよくありますけど
FD側をクリーニングする製品ってあるんでしょうかね?
FCのディスクシステムにはディスク側のクリーニング製品があったので
普通のFDにもそういう製品はありそうに思うのですが…どうなんでしょう?

 FDの円盤を洗剤で洗った事はありますね  かかっくん  2019年12月30日(月) 21:51 修正
2HDや3.5インチは(VHS等も)磁性体が黒ですから白カビが目立って見えますが、88用の2Dのやうに磁性体が
茶色の場合は黒カビも見られますね
# 黒より茶色のが生え易い気がしますが実際どうでせう?
www.cug.net/~anonB/tool/forcefaq.htm
かつて汚れたら洗剤で洗う前提の5インチFDが有りました(過去ログ参照)。ちなみにジャケットは補修用の新品に
交換します。3.5インチも有ったか?は?
# 水洗いだったかな?
FDの場合ジャケットやシェルのライナーの汚れが問題になるのでFDSのディスクカードクリーナの様な物は
無さそうです。ライナーといえば3.5インチではリフター部しか使われないので末期のメーカ製はリフター部だけに
なりましたね。でも結局MOと違って円盤が黒だから透明シェルでもつまらないと。

> DA/U2は持っていましたがFDDコネクタは下突起であったと思います。枠無しコネクタなので上下どっちでも刺さらなくはないんですが、「普通の世界」では上凸なのでそこを間違えて別途のFD1137Dを壊してまったことがあります。

FD1137C/Dはコネクタ自体は枠無しですが上に基板がくるので下凸ですね。上凸のコネクタではキツいです。
1135Dは基板の上にコネクタが有り上凸です。此方は余裕が無く下凸では差さりません。ベタアースでなく
細いパターンが有るので無理すると切れるかも。
共に5インチの1155系と同様に1ピンが左下なので▲を色線(赤とか緑とか)にすると下凸に合います。

> 試してみました。32MBのカードは20MBと認識しました。
> このくらいの容量はBIOSで20MBとか40MBとしか認識できないようですね。

256設定は本当にSASIのエミュレート用なんですね。
みいそのSASI/ST-506には20Mと40Mの間が無かったので小さい方の20M(6xx:4:33)になるのでせう
512設定にすれば元の容量通り32M近く迄使えると思います。
# みいそは(当時のSCSIではない)HDDをSASIとした事は無かったので此処でSASI互換とするワケにもいか
# なかったのでせう

> 前にも言いましたがDOS2.11ってHDD起動すると2HD/2DDの自動切換えができないんですよね。
> DIP-SW 3-2の設定に従いますから、うっかり2DDのFDを2HDでフォーマットして使えなくなったりしました。orz

此れはFORMAT 2.2/2.4の問題で、同じDOS2.11でもアプリとかによく入っている2.50では選択制になって
いますから問題無さそうです。まぁ2.2/2.4はVMが出る前のE/F/M/Uの頃の物ですから将来の実装(1MのI/Fが
切り替えになり2DDを使える様になる)を想定していないので仕方ないでせう
# FORMAT 2.50でも/9は通ります。PS98-123-H4W(2DD)あたりは/9フォーマット(720K)だったらしいです
# SW3-1が下(固定I/F)だと固定かも知れません

 自動切換  KAZZEZ  2019年12月30日(月) 23:25 修正
> 此れはFORMAT 2.2/2.4の問題で、同じDOS2.11でもアプリとかによく入っている2.50では選択制になって
います

そういうのもあったのですか。それは存じませんでした。
ただ、さすがにそこまで古いFORMATは使っていなかったと思ます。
真相はそのSASI-HDDの中身を確認しないと分かりませんが…。
10年前は動いていたんですけど、さすがにもう電源を入れるのが危ない気が。
なんせLogitecのばかでかい初代HDD製品(20MB)ですから。

いちおうガイドブックやハードウェアマニュアルを見ると仕様上としては
2HD/2DD自動切換えができるのはFDDから立ち上げた場合だけとなっていて
固定ディスクなどから立ち上げた場合は固定モードになるらしいです。
HDDから立ち上げた場合に自動切換えできるのは恐らくDOS側の独自機能で、
たぶんDOS2.11の頃はその機能が搭載されていなかったんじゃないかと予想します。

 『自動切換』の意味と固定モードが有る意義  かかっくん  2019年12月31日(火) 0:37 修正
> やはり今になって作るソフトは動作環境としてエミュレータやFreeDOSも考慮しなければならないんでしょうかねえ…。
> # 個人的にはBATCPでコンパイルしたEXEがFreeDOSで動かなかったのは痛かったです。
> PC-98実機をいくつも持っている身としてはエミュレータはあまり好きじゃないんですが、

持続可能性を考えると、新ハード(新世代・新時代の石ではなく当時と同じ設計の石を使って新たに製造されたと
云う意味を含む)が生産されず今後が先細りの実機では将来性が無く、ホビー用途なら兎も角業務用(事務用・
産業用とも)では其れでは困ってしまいます。と云ってもえぷ以外の互換機ももう作ってなかったやうな?
其れを考えるとRaspberryPiの98エミュ(NP2ベース)ってどの程度実用になるんでしょうね?
# ぱっくんソフトの例の本ってコミケ(次回は夏ではなく連休)に出ていましたか?
# 出展は今日か

実機についても、V33系CPUならみいそが自由に作れる筈ですから(V30MX/V30MZはオールハードワイヤでし
たっけ?)、みいそでも他社でも、時代に取り残された(?)需要に応えられる現存機のリプレース用の機種は
出せそうな気がします。需要は有るでせうから発表したらオーダーが有りそうな気がします
みいそなら型番は**-9801**か**-98**になりそうな気がします。或いは飽く迄も互換機として別シリーズか。

# 日本に於いてコンピュータの使われ方が変わった切っ掛けとなったハードですから。現存する業務用としては
# 産業用で組み込みに使われている用途が大半では?残りが事務用途

> 真相はそのSASI-HDDの中身を確認しないと分かりませんが…。
> 10年前は動いていたんですけど、さすがにもう電源を入れるのが危ない気が。
> なんせLogitecのばかでかい初代HDD製品(20MB)ですから。

RDiskとGETDRIVE/NHDGENでイメージ化しておくと良い(良かった)かも知れません。GETDRIVEはイメージを
RDisk先の領域に書き出せます。
RDiskはPC用の窓9x(のDOS7.x)でもPC用のFreeDOSでも動きます。ただし98用のFreeDOS(98)では
不安定です。

> 2HD/2DD自動切換えができるのはFDDから立ち上げた場合だけとなっていて
> 固定ディスクなどから立ち上げた場合は固定モードになるらしいです。
> HDDから立ち上げた場合に自動切換えできるのは恐らくDOS側の独自機能で、
> たぶんDOS2.11の頃はその機能が搭載されていなかったんじゃないかと予想します。

其れは自動切換の意味をカン違いしています。自動切換とは内蔵FDDでのFD起動の場合に其のFDのフォー
マットに合わせたI/F種に切り替えるものです。SW3-2の設定よりFDの種類が優先されますから、FDによっては
3-2に反したモードで起動する場合も有り得ます。HDDやMO等他のデバイスからの起動の場合は3-2の通りの
モードになる(此れが固定モードと云う意味)と云うものです。
マニュアルの記述と、システムセットアップメニューの表示は表現は違いますが同じ事を意味しますね。

前段はおいておいて此処が本題ですが、
---
起動後のモード切換はSW3-1/2の設定に依らずできます。此れはI/F種を変えずに動作モードだけを変えています。
何処にも(みいそに限らずえぷも)記述が足りないのは此の点ですね。
---
Undocのio_fdd.txtを読むとこの辺が解ると思います。
www.webtech.co.jp/company/doc/undocumented_mem/io_fdd.txt

では「自動切り替えだけでいージャン、固定モードなんか要らないジャン」となりそうですが、固定モードはFDD I/Fを
追加(≒2枚差し)する際に使う物です。内蔵I/Fを追加するI/Fとは別のモードに固定してI/O等がダブるのを
防ぎます。他には2DDから起動してキャッシュを使いたい時に1MB I/Fに固定するとかですか。

 やはりバージョンのせいかも。  KAZZEZ  2019年12月31日(火) 18:08 修正
DIP-SWを640MBモードにするとハードウエアの挙動的に別物という感触がありましたが、やはりそうでしたか。

手近なFDに入っていたMS-DOS 2.11を使ってDIP-SWが自動モードで試しましたところ、
HDD起動・FD起動にかかわらず起動後は2HD/2DDの認識が固定になり
FDを入れ替えても2HD/2DDの判別ができないようでした。
そうなるとこの2.11はE/F/M時代のものである可能性がありますね。

アプリケーションのFDにDOSをインストールしたものですので
その過程でCOMMAMD.COM以外のタイムスタンプは失われていますが
少なくともCOMMAMD.COMは83年ですので、自動認識のVMなど無かった時代です。

というわけで、可能性としては
HDDに入れていた2.11がE/F/Mのもので、
FD起動に使っていた2.11がVM以降のものだった可能性があります。
当時はDOSのマイナーバージョンはあまり気にしていませんでしたから。(ぉ

> 固定モードはFDD I/Fを追加(2枚差し)する際に使う物です。
そうですね。ハードウエアマニュアルのDIP-SW説明にもそういう例が載っています。

> 512設定にすれば元の容量通り32M近く迄使えると思います。
確認したところ、20MBのまま変わらないようでした。
この容量帯って、そんなものなんでしょうかね?

昔、RXあたりで40MBのSASI-HDDをDOS2.11でフォーマットしようとしたら
30MBくらいしか認識しなかった記憶があるんですが…
あれは一体なんだったんでしょうね…。

 旧いバージョンですね欲しいけど(略)  かかっくん  2019年12月31日(火) 20:35 修正
其のDOS2.11は多分PS98-121か122の物の気がします。COMMAND.COMのサイズは枝番に関わらず多分
17,190バイトと思います(えぷDOS2.11もそうですし)。其処迄旧いバージョンではVMあたりでは動くと思いますが、
VX以降の286/386機以降ではI/Oのタイミング等で不具合が出そうです。
640K固定にして2HDから起動するとかI/F種を起動FDと合わない設定にすると、DOSからは2DD I/Fで
8インチを使うと見做され動作が異常になりそうですね

見分け方としては、起動時の(C)の年号とか有りますが、いちばんの見分け方はIO/DOS/COMの3ファイルの
日時とサイズでせう
VM対応の一般的なバージョン(PS98-123あたり又はパッケージ販売されずOEM供給されただけのもっと
新しい物)では
IO.SYS 40,960 1985/6/25 16:24:22
IO.SYS 40,960 1985/12/2 15:31:6
MSDOS.SYS 17,664 1984/9/22 11:47:32
COMMAND.COM 17,190 1983/9/19 16:19:28
COMMAND.COM 17,190 1983/9/19 16:20:2
更新される度にOEMされる物が変わった模様です

> 昔、RXあたりで40MBのSASI-HDDをDOS2.11でフォーマットしようとしたら
> 30MBくらいしか認識しなかった記憶があるんですが…
> あれは一体なんだったんでしょうね…。

標準フォーマットでは20M迄しか使えないからです。40MのHDDを20Mx2として認識させるのは此の為です。
拡張フォーマットならBIOSレベルで20Mx2にするのと40Mx1設定で20Mx2のパーティションにするのは使用上は
大差有りませんが、前者では更なる増設ができなくなりますし、設定を40Mx1に変える際はフォーマットが必要に
なります。
ちなみにハイレゾ版DOS2.11では最初(PS98-XA121)から拡張フォーマット対応です。カルトなクイズに有りそうな
引っかけ問題ですね。

でわよいお年を

   試運転  2019年12月31日(火) 21:10 修正
> まりも 様
> Vm2E
> かかっくん 様
> 試運転さんが詳しいかも?

呼ばれた気がしたので亀レスですがw

VM2EはVM2の海外向け仕様だと、東京都衛生研究所(現在の東京都健康安全研究センター)の
研究年報に記載されています。
ttp://www.tokyo-eiken.go.jp/files/archive/issue/kenkyunenpo/ar-38.pdf
↑これのP.16〜

ちなみに海外向けの機種はPC-9801FCやVM2E以外にも、RX-2Eという機種もあるようです。
ttps://twitter.com/Flyingharuka/status/1120853929762246657

キーボードは、中国語版に関してはちゃんと用意されていたようです。
ttps://twitter.com/Flyingharuka/status/1156382505198641152
ttps://twitter.com/ExternalLight/status/1156236154154475521

日電の機種に関しては、98だけではなく88の互換機も中国で展開されていた
(ただし、ライセンス供与品なのかデッドコピーなのかは不明)模様です。
ttps://twitter.com/Flyingharuka/status/1153607279842750464

> /人'A`;人\ 様
> 防塵フィルタ

もしかしたら、高性能な除塩フィルタだったんじゃないですか?

(・_・):んな訳あるかい(殴

それにしても、すごいボッタk…素敵な価格ですね

> KAZZEZ 様
> カビ

以前薄い本で書きましたが、薄い本を手にしてくれた方の事も有りますので、簡単に。

カビは色だけだと判別が難しいのではないかと思われますが、糸状の物(菌糸)は
付着したままだと、ガッチリくっついてる上にそもそも硬いのでヘッドを高確率で傷つけます。

ディスクそのものの清掃は、データを全て失う覚悟で一旦FDを解体してアルコールなどで
洗浄するくらいしかないと思われます。なお、アルコールの濃度や時間、ライナーの扱いとか
色々と考えないと、カビが再発する確率やデータを壊す可能性が高まります。

11月のMI68でも、FDのカビ対策の薄い本(しあわせのレシピ〜メディア保存のLesson 初級編〜)
の頒布してほしいという要望が有ったので、次回のイベントで頒布orどこかに委託できるか、
検討してみます(BEEPさんで委託した分は、いつのまにか捌けた模様)

> エミュレータ

ホビー用途の場合でも、現在進行形でゲームやツールを作成している方の中には、
普段の開発環境はエミュレータ上でやって、テストだけ実機でやる事で延命を図っている、
というケースもあると聞きますから、エミュレータ対応は時代の流れのような
部分もあるかと、思います。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

既知のような気がしますが、FD1155Dのこんな話題が有りました。
https://twitter.com/star_alpha2/status/1211499729965613056

それでは皆様、良いお年を。

 サイズは共通でしたか…。  KAZZEZ  2019年12月31日(火) 21:26 修正
> COMMAND.COM 17,190 1983/9/19 16:19:28
とりあえず今回試したのはこれでした。
IO.SYS と MSDOS.SYS も日付は不明ですがサイズは同じようです。
16進だとそれぞれA000hバイトと4500hバイトですから、きりのいいサイズで区切ったのでしょうね。

> > 30MBくらいしか認識しなかった記憶があるんですが…
> > あれは一体なんだったんでしょうね…。
> 標準フォーマットでは20M迄しか使えないからです。
ええまあそうなのですが、
BIOSで20MBか40MBか認識しないという状況で30MBという半端な数字はどこから出てきたのかと思いまして…。
もしかしてAT互換機のDOS3.3と同じような制限があるのを20MBに切り捨てたのかと当時漠然と考えておりましたが、
後年試そうとして再現できなかったので、当時いったいどうやったのだろうと。(汗

> BEEPさんで委託した分は、いつのまにか捌けた模様
そのようなところにもあったのですか…。(情弱;;
また機会があるようでしたら探してみようと思います。

----
良いお年を。

1 2  過去ログ全 122件 [管理]
CGI-design